私の Don Quixote  アピタがドン・キホーテになる。アピタのドンキ化。

昔のユニーがアピタやピアゴになって、変な名前だな、と思っていたら、今度は、ドンキホーテになるという。

Screenshot 2021-11-25 11.02.37 AM.png

それはいいけど、「ドン・キホーテ」を縮めて、「ドンキ」と言っている。お客さんも、「ドンキホーテ」とは言わず「ドンキ」と言っている。
Screenshot 2021-11-25 11.02.58 AM.pngScreenshot 2021-11-25 11.03.12 AM.png

;">セルバンテスの原作のタイトルは、
Screenshot 2021-11-25 11.09.09 AM.png

この表紙で分かるように、主人公の名前は、
Don Quixote で、カタカナ表記すれば「ドン・キホーテ」です。
スーパーの「ドン・キホーテ」を「ドンキ」と言うように、セルバンテスの小説を「ドン・キホーテ」でなく「ドンキ・ホーテ」と呼ぶ人もいます。私も中学生頃までは、そう呼んでいました。

この Don は、スペイン語やイタリア語で、貴族の名前につける称号です。
スペイン人では、Don Juan (ドン・ファン)が有名です。紀州のドン・ファンもいましたね。

この 「ファン」Juan は、名字でなくて、名前です。英語では、John 「ジョン」です。
元祖は、洗礼者ヨハネです。ヨハネはラテン語のIoannes です。日本語では、ラテン語を採用して、洗礼者ヨハネと呼んでいます。
日本語版Wiki
洗礼者ヨハネ”に各国語の呼び方が載っています。


洗礼者ヨハネ(せんれいしゃヨハネ、ヘブライ語: יוֹחָנָן הַמַּטְבִּיל‎, Yōḥānān ha-Maṭbīl, 希: Ἰωάννης ὁ βαπτιστής, 羅: Ioannes Baptista, 伊: Giovanni Battista, 英: John the Baptist, 独: Johannes der Täufer, 仏: Jean le Baptiste, 西: Juan el Bautista, 蘭: Johannes de Doper

この中にロシア語がありません。ロシア語では、イワン Ivan です。文豪 Ivan Turgenev がそうです。この Turgenev に 「ハムレットとドン・キホーテ』という短編があります。ハムレットとドン・キホーテは、ほぼ同時代に生まれたヨーロッパでもっとも人気のあった架空の人物です。それをTurgenev がどう論じたか。。

ハムレット.jpg


人間の性格を論じるのに、「ハムレット型」と「ドン・キホーテ型」に分ける説があります。Turgenev が元祖だそうです。

こちらこちらのサイトに要を得た説明があります。

この後、どういう話になるか、これからが本命ですが、長くなるので続きは明日以降にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント