オペラよもやま話 その18 Maria Callas 曰く「演技力のないオペラ歌手なんて問題外よ」

 どうですか。Tebaldi と Callas の「歌に生き、恋に生き」を見比べてみましたか。
私の感想を言うなら、Tebaldi は「歌い」、Callas は「演じ、かつ歌う」というところでしょうか。
 アリアは、そもそも歌うためのもので、演ずるためのものでないので、Callas の演技もあの程度ですが、このアリアの後の、Tosca が Scalpia を刺し殺すところは、まさに演技が求められます。幸い、Tebaldi と Callas のこの場面の録画が YouTube にあります。
まずは、Tebaldi を見てください。日本公演の時の録画です。Scalpia は、Giangiacomo Guelfi です。 https://bit.ly/2SFBJjY
続いて、Callas です。Scalpia は、Titto Gobbi です。https://bit.ly/38ktTmH
 どうですか。これはもう、演技力の差が歴然でしょう。Callas と Titto Gobbi は、何度も Tosca で共演していますが、最初の頃、そのリハーサルを見た人が、Callas が本当に Titto Gobbi 扮する Scalpia を殺すのではないか、戦慄した、と述べている記事を読んだことがあります。また、ある時の公演で、Scalpia を刺すプラスチックのナイフをあまりに強く Titto Gobbi を突いたためナイフが折れてしまって、Titto Gobbi が傷を負ってしまったこともあるそうです。
 Maria Callas の生涯を描いたドキュメンタリーは、いくつかありますが、2018年にアメリカでこの作品が公開されました。
 Screenshot 2020-02-13 at 1.45.55 PM.png

 子の作品2020年2月12日に WOWOW で放送されました。
その中のインタビューのひとつに、こんなやりとりがあります。
Screenshot 2020-02-13 at 1.45.20 PM.png
Screenshot 2020-02-13 at 1.35.05 PM.png
 そして、この後、「見に行く気も失せるし、ゴージャスなはずの舞台が安ぽくなるわ」と述べています。
 
 どうですか。上の2つの Tosca を見て、あなたならどちらを見に行きますか。もっとも、それまで Callas を見たことのない日本の観衆は、このTebaldi の Tosca に「ブラボー」を連呼して感激しましたが。

 Maria Callas は、オペラの舞台で女優を目指しただけでなく、実際に、映画女優としても、この作品で主演をしています。
Screenshot 2020-02-08 at 10.27.25 AM.png

 今思い返せば、私が初めて買った LP は、Tebaldi のオペラアリア集でした。その頃は、世界的に見ても、オペラがテレビで放送されることはなく、日本でオペラが上演されるこtもまれで、上演されたとしても東京中心で地方に住んでいる人には、オペラを見る機会などなかったですね。それは、他の国でも同じことで、アメリカでもオペラファンは、TEXACO が提供するMETのラジオ放送でオペラを聴いていたのです。
 つまり、ある時期までは、オペラは、見るものより、聴くものであったわけです。そういう時代には、Tebaldi、あるいは、MET の superstar だった Joan Sutherland のように、見た目より、歌を聞かせるソプラノが、大人気だったわけです。
 Callas の前と後とでは、オペラは変わった、とよく言われます。オペラが、聴くものから見るものになったのは、ひとつには、Callas の演技をみた Callas 後のオペラ歌手達が、やっぱり、歌だけでなく演技もしたい、と思うようになったということもあるでしょう。更に、もう一つの大きな原因があります。その話は次回以降に。

"オペラよもやま話 その18 Maria Callas 曰く「演技力のないオペラ歌手なんて問題外よ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント