テーマ:Flickr

イソップの「すっぱい葡萄」の狐になりましょう。

どうですか、早速 collection を始めた人、ひょっとして?、いるでしょうか。  やっぱり、美しいのは、「花鳥風月」です。下記のサイトから、collect し始めるといいかもしれません。ただし、top photos ではないので、つまらないものもあります。根気よく、次々と next に行くといいでしょう。多いのは、100ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昆虫画」と Flickr photo と。残り火を消す。

このブログでの「美」の話は、一応昨日で終わりました。なんだか、唐突に終わったような気がするでしょう。要は、世によくある sudden death みたいです。  だけど、何か、残り火がくすぶっています。もやもや、いうのでなく、「ぶすぶす」というのでしょうか。  ほっておくと、また、燃え上がって炎上するといけないので、今のうちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flickr photos のSF流収集法。

今日は、やっと、Flickr から、photo をどうやって集めてくるか、です。いろいろな集め方がありますが、ここでは、私流、つまり SF 流を紹介します。  ちょっと、謝らなければならないことがあります。先に、Flickr では、Instagram や Pinterest と違って、「年賀状に載ってくる、家族や子供の写真、個人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いいじゃないの、幸せならば。

昨日は、個人で撮った「写真」には、なぜ「美」が感じられないか、それに比べて Flickr photo は、で終わりました。  その大きな理由は、ふたつあります。今まで指摘したことの復習です。  先ずは、DPE 「写真」では、A4 の大きさがせいぜいです。それでは、「写真」に撮った対象の「美」が感じられない。  いくら対象が美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮世絵も Flickr も庶民のもの。

  Flickr と浮世絵に、共通点がある、というのは、何も作品のテーマに共通性がある、ということだけではありません。昨日と一昨日、「虫」と「子供」の浮世絵を取り上げたのは、子のふたつの visual arts に共通点がある、と言っても、浮世絵に「虫」や「子供」の絵があるか、と疑問に思う人がいるだろう、と思ってのことでした。  今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more