テーマ:英語ものしり帖

西洋では「鼻橋」 の高低・長短が問題。日本人には「鼻先」の高低が問題。

 日本髪に和服、ちょん髷に着物の日本人には、「低い」鼻はなく、西洋風の髪型や装いの西洋人には 「高い」鼻もなかった、という説を、昨日開陳しました。  だから、英語では、high nose, low nose, long nose という組み合わせは、特別な場合にしか使われない、のですが、 nose に関して、high, low, l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の鼻が「低い」ということになったのは、明治の文明開化のせい?How?

 2011年の 「鼻」の話の最後に「高い鼻」が、数回にわたって連載されています。 その後、「鼻の画像」が豊富に出回りましたので、もう一度、「高い鼻」を取り上げます。 「鼻が高い」を英語でどういうかは、日本の英語の先生の間では、難問のひとつです。 先回、この話を、このブログで取り上げるに際して、念のために、google でいろい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欧米人が「鼻をすすらず」、人前でも blow nose するにはわけがあった。

「鼻」の話を続けます。 blow your nose strongly (forcefully) すると、blood が出ることがあります。 そうでなくても、nose bleeding は、よく起こることです。 Your nose is bleeding. という言い方も英語教科書にも出てきますから、知っている人も多いでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人前で pick nose する 「欧米人」、人前ではしないアジア人。どちらが文明人?

「鼻」の続きです。これも、そして明日の分も、昨日のエントリーと同じく2011年の1月に書いたものの、焼き直しです。ただし、新しい google 資料が沢山付け加えてあります。 blow your nose という言い方は、学校英語でも習いますから、知っている人は多いでしょう。そして、多分こんなコメントつきです。 欧米人は、女性で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鼻をほじくる」か「鼻くそをほじくるか」?「鼻くそ」は「糞」か?

 昨日まで「目」の話でしたが、「目と鼻の先」に「鼻」があります。 これを英語でどういうか、google してみたら、'no distance" などいう味も素っ気もない言い方ばかりでした。eye も nose も出てきません。  これは、思うに、西洋人の顔に付いている nose は、nose bridge が高くて、目と鼻がくっつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の「目」はすごい「ものしり」。それに比べ英語の eye は?

 今日のタイトル、「日本人の <目>」でなくて、「日本語の<目>」です。 どういうことか、というと、「目」(め)を使った日本語の言い方を思いつくままにあげると、 どんどん出てきます。 目をかける、目につく、目をつける、目に触れる、目を盗む、 目が肥える、目が回る、目を皿にする、目を輝かす、目を覚ます、 目をくらます、目に物見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「目」も eye も、もともと「穴」のこと。「目玉」eyeball で塞いでいるだけ。

 昨日までの「顔」の話を締めくくるに際し、「目」で見ることの重要性に触れました。 「目」は、「顔」のパーツの中でも、もっとも目立つものです。 「目」というと、みなさんは、どういうものを?思い浮かべますか。英語では、eye です。例によって、google で 「一見」してみます。左が「目」で、右が "eye" です。「目」も "eye…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野々村議員の「号泣」で、世界の人が日本人を見直した。 Why?

昨日は、「泣く」に当たる英語の cry と weep を「一見」しました。違いは、わかったようなわからない感じでしたね。  今日は、日本語の「すすり泣く」に当たる sob を「一見」してみます。 その前に、"すすり泣き" で、画像検索しましたが、「すすり泣いている」姿は、やっと3つ見つけただけでした。全部 「すすり泣き」の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一言に 「泣く」と言っても、cry と weep でどう違うのか。一見してみれば。

 「泣く」にあたる英語に何があるか。Googleしてみると「笑う」場合と同じく、英語の 「泣く」も、「〜泣き」のように、共通する語句はなく、ここに代表的にでている、 cry, weep, sob は、全く別の単語です。日本語では、cry と weep は、「泣く」、sob は、「すすり泣く」と、とにかく 「泣く」にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大笑い」 するのは、アメリカ人か日本人か、それとも 「馬」 か。

 「笑う」 なかでも、もっとも 「大笑い」 する 「笑い」 は、漢語で 「爆笑」 とか 「哄笑」 と言います。 これを、英語でどういうか、中学生や高校生が、和英辞書で調べれば、guffaw が出てきます。 聞き慣れない 「見慣れない)単語でしょうが、英語の小説など読んでいると、よく出てきます。 google したら、 484,000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"wry smile" は 「苦笑い」?「一見」 すると 「苦笑」 しますよ。

 日本語で 「苦笑い」 という 「笑い」 があります。 英語でどういうかわからない人は、和英辞書を引くでしょう。 定番は 'wry smile" です。 英語では、"wry grin" とも言います。 先に smile は、「音無し」 で、grin は、「音あり」 と紹介しています。 "wry smile 意味" "wry grin …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声のない 「笑い」 は、まだあった。 sneer が、smile の一種とは、気が付かなんだ。

 今日は、いきなり昨日の続きで chuckle から一見して行きます。 "Chuckle" で google search すると、images にある二人の男性の chuckle している画像がいっぱい出てきます。 このふたり兄弟で、英国の有名な comedians です。 Wiki があります。 一番左の二人です。実は、困っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Smile は、「声」 を出さない 「笑い」 です。 声を出すなら grin しましょう。

 「顔」 や face ということばは使わないが、「顔」 や face にしかできない 「芸当」 があります。 それは 「笑う」 と 「泣く」 です。 もっとも、「顔で笑って心で泣く」 と言いますから、「泣く」 は、「顔」 でなくてもできるようですが。  「笑い」 には、いろいろ種類があります。 日本語では、大抵の 「笑い」 は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「顔つき」 は、文字で読んでいても、どういう 「顔」 かわからない。 一見に如かず。

 昨日の話では、日本語では、「顔」 が盛んに 「顔を出す」 のに、英語の face は、なかなか出番がない、ということでした。  「顔を潰す」 と、その反対の 「顔を立てる」 では、英語で face が 「顔」 をだします。 「潰す」 ほうは、lose face で、google すると、 lose my face 6,090…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「見た目」 は 「顔」 が大事だけれど、face は出てこない。 Show face は危険。

「顔色」 を英語で言う時に、face は 「顔を出さない」 というのが、昨日の話でした。 ところで、この 「顔を出す」 というのを、face を使って、show (my/your) face とすると、どうなるか。 "show your face" で google すると、 show your face 1,090,000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「顔」 を 「額面」 通りに face にすると、英語の面子がつぶれます。

 今日からは、「顔の巻」 です。   日本語で 「顔」 は、「頭」 とは、別の身体部分ですが、英語の face は、head の一部です。  日本語では、「かお」 のほかに、「つら」 という言い方もあります。 漢字では、「面」 と書きます。  漢語では、「顔」 と 「面」 を並べて 「顔面」 とも言います。     「顔面蒼白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「頭に来る」 と、head は、どうなる。 「頭を使え」 は、head or brain?

 昨日の締めくくりは 「石頭」 でした。  「石頭」 は、体の部分のことでなく、頭の働きについての言い方ですが、「頭にくる」 も、血が頭に上った結果でしょうが、精神的なものです。  英語では、head は、使いません。 get mad とか、get angry とか、怒りの表現を使いますが、「くる」 という感じをもっとも表してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「石頭」 は、head と関係ない。 「頭」 は、flexible に使いましょう。

頭蓋骨は、「骨」 (bone) ではない、という話を昨日しました。   「骨」と head といえば、日本語で 「ボーンヘッド」 という言い方があります。 野球の試合などで、選手がうっかりしたことをすると、「ボーンヘッドをした」 と言います。  これは、多分英語からの借用で、英語の bonehead と同じです。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「頭」 と head は、別物。 「生首」 は、neck でなく、head のこと。

 昨日は、一気につま先まで行ってしまいましたので、今日は、頭に戻って、改めて、頭からの話です。 これからつま先までは、長い道中です。 飽きずに、ついてきてください。  「頭」 は、英語では、head と思っている人が多いですが、日本語の 「頭」 が指す部分は、頭髪が生えている部分ですが、英語の head は、首から上全部です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英語ものしり帖」。 頭のてっぺんからつまさきまで。  

 このブログを始めて間もない頃に、(英語学習もろもろ」 というタイトルにふさわしく? 時には、気の抜ける話も、と思って、 「英語こぼれ話シリーズ」 というのを、間に挟む計画をたてました。 2010年4月20日に第一話が出ています。 何故か、5回までで終わってしまっています。 話の種が尽きたわけではなく、 日本の英語教育界に黙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マスクとmaskと鼻眼鏡」と鼻の「隠しきれない関係」

多分今日で鼻関係の話しは終わりです。やはり「見てみなわからん」物事を集めてみました。 先ずは、以前にも書いたことの復習から。 流感がはやり始めると、皆さん「マスクをはめます」。英語で wear a mask と言ったら、英語国民は、どういう様子を思い浮かべるでしょう。 もっとも思い浮かべるのは、こういう姿でしょう。 これは、Ve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻は、見てみな分からんて。

「これは私の絵です」が、どういう状況で言われたか、分からなければ、それを正しく表す英文を作りようがないように、「鼻が高い」をどういうか、と生徒が訊いたとしても、その生徒が、どういう鼻を「高い」と思っているか、分からなければ、それを英語でどう言っていいかわからりません。 隆鼻術を施した、「韓国ドラマ」の美人女優の鼻を見て、質問したのか、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中学生にどう説明するか。「高い鼻」「低い鼻」の英語?

日本語で「高い鼻」を英語でどういうか、苦労しますが、逆に short nose を日本語で、どういうかも苦労します。だから、Cleopatra の場合の、court (short) は、「低い」と訳されています。実際に「短い鼻」という日本人がいるかどうか、google では、 先ずは、attributive (限定用法)では、 ”短…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いろいろな鼻ことば

昨日、一昨日と二回に分けて「鼻の展覧会」を開催しました。ああしてみると、ほんとにいろいろな鼻があることが、目に見えて分かるでしょう。 全ての鼻についてのコメントをわざと避けました。なぜなら、先ず見る人に、それぞれの鼻の特徴を、これはどう、あれはどうと、比べて欲しかったからです。 例えば、Da Vinci の Mona Lisa はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鼻の展覧会」後半の部

今日は『鼻の展覧会」後半です。 昨日の展覧会で、Primavera の「三美神」の画像が、三美神でなく、Venus になっていました。入れ替えておきましたので、改めてみてください。 また、展示もれがありました。同じく Primavera についてです。Primavera にも、Venus が描かれています。その Venus が展示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鼻の展覧会」前半の部

今日は、いよいよ「鼻の展覧会」です。「展示会」とも書いていましたが、両者の違いを、Wiki で下のように説明しています。 展覧会とは、一般に、博物館、美術館において行われる歴史的資料、人物的資料、工芸・美術作品等を公開するための展示企画のことを称する。 似たようなものに、展示会と博覧会があるが、前者は、美術工芸品ではなく、ビジネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クレオパトラの鼻が低かったら」は、誤訳?

今日は「鼻の展覧会」の予定でした。古今東西いろいろな鼻を実際に見てみて、long nose, short nose, 「高い鼻、低い鼻」 はどういう見かけの鼻か、自分たちで、判断してみましょう。鈴木氏の本のように、文章だけで想像していては分かりませんからね。 そして、ネット時代は、いろいろな鼻の画像を簡単に集められるのです。そういう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「高い鼻」は、long nose ではない。

日本語にいう「高い鼻」は、英語では、long nose というのが、日本の英語教育界では、定説になっています。 それに対して、私がピント来ない、何か違和感がある、と常々思っていました。そこで、今回鼻の話になってついでにいろいろ google した結果、次のようなことが分かって、私の違和感が間違ってなかった、と確信するにいたりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Long nose は、ピンと来ない?

もう「鼻」の話は、飽きてきましたね。今日あたりでケリをつけましょう。 そもそも、なぜ「鼻が高い」話になったか、というと、今進行中の、このブログのテーマは、英語養殖のための EDL (English for Daily Life) のカリキュラム開発のためにどういう英語の言い方をとりあげるか、が問題になるからです。 そうなれば「鼻が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天狗の鼻」は、なぜ「高く」なければならないか。

今日は、昨日の予告通り、日本人はなぜ「鼻が高い」と言って、「鼻が長い」といわないか、パスカルさんの疑問に、鈴木孝雄氏が『日本語教のすすめ』で、どう答えているかを紹介します。 日本の学者、特に英文学者や英語学者の中には、人の説の紹介が上手な人が大勢います。私は、自分の説を述べることは得意ですが、人の説の紹介は、苦手というか、嫌いです。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more