テーマ:copy & paste

賢くなければ、博学でなければ、コピー&ペーストは出来ない。

 昨日、学術論文では、c&p は、当たり前のことであり、むしろ、c&p のない学術論文は、独創性もない、 と指摘するブログ記事を紹介しました。  今日は、もう一つ、同じ趣旨を、もっと、具体的に説明しているブログ記事を紹介します。 ハフィントンポストの3月15日の記事です。 「書き手」 は、社会科学者を名乗る井上泰浩氏です。 原文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学術論文」 で先行研究を紹介するのに、C&P は必須の道具。 ブログにも。

 「新聞の切り抜き」 は、良くて、「コピペ」 は、なぜ悪い、 ということを、しっつこく書いています。  今までは、「新聞の切り抜き」 が、「時代遅れ」 であるかのようなことをもっぱら書いて来ました。 「コピペ」 が、なぜ悪い、と開き直っている感じを与えていた、と思いますよ。 その一方で、「コピペ」 は、こんなにいいことだ、しなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新聞切り抜き」 は 「読み手」 の仕事。 C&P は 「書き手」 の仕事。

 今日もう一回、『新聞切り抜き」 と、真の?copy & paste の違いを、別の見方で説明します。 Copy & paste と 巷間にいう 「コピペ」 を混同して、 「コピペ悪い、即、copy & paste 悪い」 と短絡的に考える人が多いので、警鐘のつもりで書いています。  Copy & paste や cut & p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paste の歴史、というほどではないですが

今日は、「Copy & Paste の歴史」の三回目で、paste を主にした話です。  これも、一度はやってみた経験のある人が多いでしょう。昔スクラップブックというのが、流行りました(今もありますが)。新聞や雑誌の気に入った記事を、わざわざ書き写すのでなく、そのまま切り抜いて、貼り付ける「ブック」です。これを英語でいうと、「cl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Copy の歴史、というほどではないですが。

昨日Copy & Paste について書き始めたら、あれこれ思いつくことが多くて、まとまりがつかなくなってしまいました。これは、一筋縄ではいかないな、と思い始めました。改めて、ふんどしを締め直して、取り掛かることにします。が、ちょっと、例によって、とりとめなくなる危険性をはらんでいます。と、予防線を張っておいて、とにかく始めてみます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Curating は、copy & paste で。

昨日予告した copy & paste の話です。昨日紹介した「キュレーションの時代」は、さーと一読しましたが、ネット社会でのキュレーションの時代の到来を事例を挙げて概括的に述べた本でした。われわれが具体的に copy & paste して、curate するという技術的なことは述べられていません。仕方ないので、私なりの見解をまと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more