テーマ:smartphone/tablet

ブログも smartphone で。中学生・高校生に勝手に作らせればよい。英語 texting で。

 AI 時代の「英語活動」として Twitter を前回とりあげました。 Twitter には、140文字という制限があります。日本語の場合、漢字一文字でも「一文字」ですので、かなり長い文章が書けます。英語の場合は、alphabet 一文字が「一文字」なので、140 文字というと、すぐに制限いっぱいになります。  例えば、日本語で漢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

After Internet 時代の英語活動。全ては Smartphone から始まる。

 小学校英語教育では、「英語学習」はダメで、「英語活動」をさせよ、というのが、このところ続いていた風潮でした。それが、最近潮目が変わって、小学校5年から「英語」が正課になると、やっぱり、「英語学習」が大事だ、という風潮になってきています。Am I right?  そういえば、昔昭和47年頃中学校英語の現場で「言語活動」が吹き荒れたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kindle app では、「英和辞典」も「英英辞典」も使えます。

 今は昔パソコンを買うと分厚いマニュアルが、それも何冊もついてきました。携帯電話を買った時も何冊ものマニュアルがついてきました。覚えていますか?  Smartphone に買い換えた時には、マニュアルはついてませんでした。  その前から「No manual 世代」ということばが流行りだしていました。つまりいろいろな device や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kindle 本はスマホで読む。Kindle アプリは無料でインストール。

 BI と AI とで、こんごますます違いがでてくるのは、紙の本や新聞がどんどん電子版になることです。 昨日も朝の目覚ましのベッドの中で SmartNews を読んでいたら、次の2つの記事が目にとまりました。早速 Pocket に入れておいたのを、紹介します。タイトルを tap すれば読めますよ。AI だからできることです。要するに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、日本にいて、こうして日常的に英語を使ってます。

 今日は、私がどのように 「英語を使っている」 か、という、特に言うこともない、当たり前の話です。  「英語を使う」 ということが、「他国の人と英語ではなす」 ということでしたら、私が、日常、そのように 「英語を使う」 ことは、最近はめったにありません。 多くの、日本で生活している日本人と同じです。 買い物から、人々との付き合いから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more