テーマ:code writing

アフリカの子供が、code writing のエキスパートになる。 日本は暗黒列島に!?

 このところ code writing の話で 「もちきり」 になっています。 今日は、ちょっとそれて、 世の中、こんなことも起こっていますよ、 という話です。 Code writing とまんざら関係のない話でもないです。 まずは、復習です。 2012年12月のエンリーに、こんなのがあります。 アフリカの子供は、英語ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Code writing 出来るか出来ないか、文明か、未開・野蛮の境目。

 今日紹介するのは、Google が2月26日に発表した Oppia という 「学習コース開設サービス」 です。  SmartNews の 「Techcrunch」 チャンネルで紹介されていました 誰もが容易に対話的学習コースを作れるGoogleのOppia, 完全オープンソース(拡張自由)でローンチ という、日本語のタイトルです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Code writing が、出来ると出来ないとで、人生色々変わってくる。

 このところ、code writing の話をしています。 日本のすべての子供が、そして国民全員が、21世紀の literacy として、日常の読み書きのように code writing ができるようになるべき、  と、とんでもない?と思われるようなことを話しています。   とんでもないかなぁ。 こんなことを考えてみたらど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民全員が、「テクジョ」 「テク男」 にならなければならない時代。  

 昨日、日本の小学生が、英語を使って code writing ができるようになるのか、と悲観的な話をしました。 その一方、こんな話があります。 日本の若き学生エンジニアがMITを席捲! リクルートプログラミングコンテスト本戦レポ  この記事によると、 「リクルートプログラミングコンテスト」。 このコンテストは、リクルートホール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の小学生は、英語で code writing ができるか?

 昨日、アメリカやイギリスでは、code writing を、21世紀の literacy として位置づけ、 学校教育で、すべての生徒に code writing を学ばせる、 政策を立てている、と紹介しました。  ここで、大事なことは、「学ばせる」 ということです。 「教える」 のではないのです。 ちゃんとしたカリキュラムと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more