テーマ:グローバル・パーソン

グローバル人材とはー再検討。

グローバル人材とは? 昨日のエントリーで、グローバル人材ということばを使っています。 このブログの過去のエントリーを読んだ人の中には、私が「グローバル人材」ということばを避けて、「グローバル・パーソン」を使っていたことを覚えているでしょうか。 「グローバル人材・人財」 vs. 「グローバル・パーソン」 で、その違いを述べ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国際教養学部」 なぜ、こんなに沢山あるの? 何をするところ?

 国際教養とは何か、どういうものか、 これについて、本格的に?書こうと思って、最近とみに評判のよい秋田国際教養大学を始め、他の国際教養学部は、どのような教育をしているか、調べてみようと、とりあえず "国際教養学部" で google しました。  いやぁ、ありますね。 もっとありますよ。  出てきたサイトの中に 「国際教養学部」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国際教養」 を身につけた日本女性が、アメリカ大統領夫人になる時。 その日は来るか?

 今日から、「グローバル・パーソン」 の絵を描いて行きます。 昨日予告したように、印象派の手法で行きます。 その中でも、 「点描画」 の描き方で行きます。 点描画とは、Wiki 日本語版によれば 印象派による鮮やかな色の配列の視覚混合を、フランスの画家、ジョルジュ・スーラがさらに追求し、点描主義(新印象派)を確立。 とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絵に描いた餅」 だった、35年前の 「国際教養学部」 カリキュラム by SF.

「ロール・モデルなき 「グローバル人材」 育成事業は、絵のない餅。」 これ、昨日のタイトルです。 「絵に描いた餅」 という言い方はありますが、「絵のない餅」 というのは、google しても出てきません。 これ、どういう意味だ? と思いませんでしたか。 今日は、その話から始めます。 餅は、餅米をついて作りますが、つい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

英語クラス反転、Chromebook で。

 昨日、アメリカの教育現場では、Google Tools が使われている、と紹介しました。  さっそく、私の研究室出身で、Fairbanks, Alaska で教員をしている 「かんじ」 君から、長いコメントがありました。  昨日の entry を開いて、ぜひ読んでください。  それによると、Fairbanks の学校でも Go…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここにも「グローバル・パーソン」が。

 VEG ちゃんこと、Martha Payne ちゃんは、私が、何度もお話しているので、皆さんも、もうおなじみでしょう。彼女の blog NeverSeconds も紹介しましたから、Google Reader や、Pulse などに登録して、読んでいる人もいるでしょう。  そうしている人たちは、最近彼女が滅多に post しないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバル・パーソン。あるイメージ。

 いきなりです。  宮沢賢治の次の詩は、知っている人が多いでしょう。  この詩のなかの、東西南北は、宮沢賢治にとっては、当時は日本国内のことだったでしょうが、彼が現代に生きていて、この詩を書いたら、彼の意識する東西南北は、アフリカや、アジア諸国や、中南米などなど、地球上のすべての場所だったのではないか、と、しきりに思うのです。皆さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Global citizen vs. Global person

「グローバル・パーソン」のイメージがなんとなく湧いてきているでしょうか。  実は、質問来ないかな、とわざとふせておいたことがあります。  それは、global citizen ということばがありますが、それをなぜ使わないか、ということです。  Google してみると、  global citizen 1,800,000 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「グローバル・パーソン」「グローバル人材」、比べてみれば。

  昨日、「グローバル人材」と「グローバル・パーソン」とどっちがいいの?というような質問をしました。   答えは出ましたか。   今までに、「グローバル人材」は、よく聞いたことがあるし、なんとなく魅力的な響きもあります。。   「グローバル・パーソン」は、多分、このブログを読んで初めて聞いた人も多いでしょう。   その違いについ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グローバル・パーソン」と「グローバル人材」、どちらになりたいですか。

 「グローバル・パーソン」になると、どういういいことあるの、と訊かれたら、どう答えるか、というのが、昨日予告した、今日のテーマです。  そんなことあまり考えてなかったので、一日考えてみました。結論は、  「別に、何もとくにいいことありませんよ。」  です。  ある、とすれば、  他の「グローバル・パーソン」が、見つかりやすくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モバイルメディアが「感覚比率」を変える。そうなると?

昨日の最後は、こうして終わっています。 そこで、この中日新聞の「記事の取り上げ方」と「識者」のコメントを取り上げたのは、「米国から考える」とか、「日本にはいない」「日本の親たち」というコメントが、「グローバル・パーソン」なら、思いもしない考え方だからです。  なぜ、そうか。皆さんも一晩考えてみてください。    一晩考えてみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

グローバル・パーソならそう考えない。並々でない考え方?

今朝、中日新聞で、25ページに 「特報」 欄の、左半分を使って、「母の18ヶ条 絶賛」 というヨコ大見出しで、タテに「手作り使用契約書 "世界に通用" という記事が載っていました。  更に真ん中には、囲みで 「子どもとスマホ 米国から考える」 と見出しがあります。  下の画像は、私の XPERIA に入れてある Camscan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グローバル人材・人財」 vs. 「グローバル・パーソン」

なぜ 「グローバル・パーソン」 という、google でも、まだ hits の少ない、耳慣れない、読み慣れないことばを使うか、という話です。  この話をするには、やはり、まずよく使われている 「グローバル人材(財)」 「地球人」 「国際人」 を、なぜ、使わないか、というより、使いたくないか、という話からはじめると、わかりやすいでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グローバル・パーソン」への道。先ずは、用語の整理から。

今日は、これからの話を進めるために、それに先立って、ことばの整理をしておきます。  このところ 「グローバル」 ということばを、頻繁に耳にし、目にします。 google すると、"グローバル" 単独で、55,900,000 「グローバル」 を冠したものに 「グローバル化」、これを英語のままで、「グローバリゼーション」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more