テーマ:英語学習工学

英語学習工学者のお仕事-- まとめ

英語 学習工学者のお仕事について ブログに書こうと思ったのは、 特に昨年の暮れ以来、 Kindle Textbook Creator を使って キンドル版を制作しているうちに 、 私のやってることは 、 世の英語教育学者 や 英語教師の やっていることと 全く違う、むしろ間逆のことではないか 、ではどこが違うか はっきり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事ーーその9 Smartphone 肌身はなさず

このところ紹介した、いろいろな英語の肥やしの読み物も、いちいち PC に向かったり、紙の本で読んでいては、Anytime, anywhere で、寝ても覚めても英語というわけにはいきません。 Smartphone で、ここに紹介するような apps を入れておけば、それができます。 今日は、私が、寝ても覚めても使っている apps …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その8 --寝ても覚めても英語

昨日の話は、 現代に 生きて英語を必要とする 英語学習者に 英語を提供しなければならない 英語学習工学者 は 、インターネットも スマートフォンも SNS も出てこないような 英語の 小説を 読んでいてはだめだ ということでした。 そして 昨日を紹介したような 現在の日常生活を扱った 本を読むことをおすすめしたわけです。 しかし本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その7--現代の日常英語を仕入れる

前回紹介した 英語教則本のための Cultural literacy に基づく英語は、 どちらかといえば 高級な英語です。 しかし日常生活は、そういう高級な英語だけでは 営まれているわけではありません 学習者のための 英語は学習者の日常生活に使われる英語も取り上げなければなりません。 例えば 「のど飴を舐める」 「ガッツポーズを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その6 ーー あらゆる英語に通じている

今日は英語教則本の 内容となる英語はどういものであるべきかというお話です。 『 超整理法』で 有名になった野口由紀雄さんが 大学教員になった後にアメリカの大学で研究生活を送られたことがあります。その最初の頃に、足し算引き算割り算掛け算が英語で言えなくて恥をかいた、日本の英語教育を恨んだ、ということをあるところで書いてみます。この話以前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事その5 教則本を作る

「英語を話す」などということは 国境を接しているヨーロッパ諸国では 当たり前のことでしたから、 英語で Do you speak English という言い方は、ヨーロッパ言語の場合も Can you という言い方はしません。  各国語の場合を紹介します。どれがどの国の言葉か見当がつくでしょう。 というわけで 、ヨーロッパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その4 ーー 英語養殖者

今日は昨日の続きで 英語学習に なぜ「 教則本」がないかという話です。 まずはなぜこんな話をするのかという話から始まります。 1976年のことです。私が当時の西ドイツに滞在していた時に Do you speak English というドイツ語の歌が流行っていました。タイトルだけが英語で残りの 歌詞 はドイツ語です。 この歌が調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その3 --Tailor (洋服仕立て屋)

2012年9月に17歳のアメリカの高校3年生が 下の画像のような本を出しました。 彼がこの本で主張したことは次のようなことです つまり洋服の仕立て屋さんが、一人一人に fit した服を仕立てるように、一人一人にあった教育をせよ ということです。 このことは 先日紹介したプロフェッショナルの仕事の内容 face to …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学者のお仕事 その2ーー教えない

テクノロジーの特色は 事を成すのに道具を使うということです。Educational technology つまり教育工学の場合は コンピューターを使うとか LL を使うとか OHP を使うとか最近は電子黒板を使うとかそういう道具を使います。 しかしそれらの道具は全部教える側が教えるために使う道具です。 学習工学の場合は 学習者が道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Blog をpeer learning の tool にするための tool.

 先ほど、Twitter の educational uses について、いろいろなサイトが有ることを紹介しました。 ”Blog educational uses” で google すると、 やっぱり、いろいろありますね。  興味のある人は、いくつか覗いてみるといいですね。    私の 'blog educati…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画像の見つけ方と保存・編集の仕方。基本の基。その2

昨日は、画像の見つけ方を紹介しました。今日は、その続きで、smartphone/tablet で画像の保存・編集の仕方です。 画像を保存・整理する apps は、いろいろありますが、Android で定番になっているのは、QuickPic です。    iPhone では、ClipBox が人気があるようです。  こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画像の見つけ方と保存・編集の仕方。基本の基。その一

 いきなり、本題に入ります。 Google 検索は、もっぱらサイトや語句を 検索するものと思っていませんか。  例えば、I play futsal. と tweet し、これはどういうスポーツか、馴染みのない人も多いから画像を添付したい、と思ったとしましょう。    ”futsal" で google します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英文 Twitter は、one sentence one line. 画像を添える。

Twitter には、ひとつのツイートにつき、入力できるのは140文字まで、という文字制限があります。  最近までは、(2016年9月まで)は、テキストコンテンツでない動画、GIF、画像も文字数に含まれていましたが、現在では、カウントされません。ただし、リンクは、カウントされるので、リンクを書き入れる時は、bitly などを使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の生徒が、Twitter で世界中の生徒と collaboration する。

 Twitter は、日本の高校生の間では、もっぱら peer group での SNS (Social Network Service) としてしか使われていません。  そして、先に指摘したように、日本の教員で Twitter を SNS として活用している人は限られている、というより、ほとんどいないかも知れません。How abou…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twitter は、peer learning の強力な soft tool になる。

 Learning by Doing は、Aristotle から、孔子、そして、近代の最高の educational philosopher John Dewey の提唱するものなのに、日本の英語教育界では、全く(と言っていいほど)取り入れられていない learning method です。 とは、言っても無理もないことで、つとに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学の最強の道具。それは、Evernote.

  「工学」とは、「道具学」なり、と言いました。 では、英語学習工学は、どのような、各種各様の道具を駆使するか、数回にわたって、具体的に紹介します。  SF Modular System では、かっては、学習者の道具として、何種類もの Chartbook や、Reader Through Pictures という textboo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育工学は、学習のためにならない。学習者が道具を駆使する時代には。

 「学習工学」ということばは、まだ耳慣れないでしょうが、「教育工学」ということばなら、耳にしたことは多いでしょう。  私が、「教育工学」でなくて、「学習工学」を名乗るには、今日紹介するような大きなわけがあります。  前回「学習工学」は、道具を使う「道具学」だ、と言いました。  「教育工学」も道具を使います。  教育のために使うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語脳育成=多聴多読? 養殖には?

 間違った文を話したり、書いたりしようとしてみてください。もちろん日本語で、です。 やってみると、分かりますが、これけっこう難しい、というか、出来ないですよ。 なぜか。  このところの伝で、科学的でなく、工学的に言えば、 それは、  皆さんの脳には、日本語脳が出来上がっているからです。 今までに分かっている科学的に言えば、ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語学習工学は、世界の大勢。Language, Learning, Technology

「英語脳」があるともないとも、科学的根拠がないのに、「英語脳」養殖、とはいかに、と思われるでしょう。 そこが、英語学習工学たるゆえんです。最初に「宣言」したように、「工学」の目指すところは、結果です。 「工学」というと「工学部」を連想されると困りますが、ここに言う「工学」は、technology です。 「医学」というと、科学と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more