テーマ:エリート教育

日本のグローバル企業が、社員家族をアメリカに派遣。その子女を名門ハイスクールに入れる。

 アメリカの liberal arts education について、 ネット上の情報に基づいて紹介してきました。 では、日本人の、というより、日本の次の世代の liberal arts education をどうするか、   ということについて、SF流戦略を紹介します。    昨日も指摘したように、最近日本では、アメリカの大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リベラルアーツ教育は 「自由人」 のため。 「自由人」 とは、「時間の自由」 のある人。

「仕事と家庭の両立を目指すとか、やめたほうがいーんじゃない」 とか、 Housewife 2.0 に並んで、 home economics を今度は、boys and girls に必須にする、 という動きとか、 有為転変の世の中に、男と女の生き方が、またまた変わるような状況が出てきた。 と、昨日までのエントリーで、ネッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「仕事と家庭の両立」 と 「エリート教育」 と。 関係有る?

 アメリカの高校レヴェル、大学レヴェルの liberal arts education について、 私が見聞したことでなく、ネット上で垣間見られる範囲内のことを紹介してきました。  ああいうのを見聞きすると、日本の現状 (これも垣間見ているだけですが) と見聴き比べて、 唖然、愕然、がっくり、びっくり、悄然、不安、焦る、などなど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の女子高校生が経験したアメリカ名門私立高校のエリート教育。

アメリカの名門私立高校の教育内容 についての話です。 私は実際に経験したことがないので、全てネットで調べたことです。  Blogos という、ブログを集めたサイトがあります。 Livedoor 系列の Line が運営するサイトです。 そこに、アメリカの大学で教えている Willy と名乗る日本の方が、常連でブログを投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの私立高校は、リベラル・アーツによるエリート育成校。 日本の有名私立は?

 アメリカの liberal arts colleges について、 昨日紹介しました。  今日は、 大学入学前の中等教育段階での Liberal arts education  についてです。    アメリカの中等教育と言えば、ハイスクールです。 戦後の日本の教育改革は GHQ の強力な (強制的な?) な指導 (命令?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのリベラル・アーツ教育は、エリート養成のために始まった。

 Liberal arts college は、なぜアメリカで始まったか、 というのが、今日の話です。  昨日紹介したように、Liberal arts college は、本場のヨーロッパで始まったのでなく、英国の植民地が独立したアメリカ合衆国で始まりました。  なぜアメリカで始まって、しかも、ヨーロッパのように、中学段階でなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパのリベラル・アーツ教育は、エリート教育のため。

 モーツアルトの 『フィガロの結婚』 や 『ドン・ジョヴァンニ』、あるいは、R. シュトラウスの 『薔薇の騎士』 や 『アラベラ』、J.シュトラウスの 『こうもり』 などを見ていると、ヨーロッパには、階級があるな、ということ実感できます。  その階級は、紆余曲折、栄枯盛衰はあったにしても、五代ギリシャ・ローマの 『自由市民』 と 『奴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供が、すばらしい TED Talks をした、という話。 他の国の子供のことです。

文科省の進めている学習到達目標の 「Can-Do」 で、なぜ、もっと具体的な 「Can-Do」 list を作らないか、 昨日そんなことを書きました。 その具体例のひとつとして、TED Talks に出て、talk in English をしたら、 という極めて具体的な 「Can-Do」 をあげました。 そして、 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more