テーマ:首の巻

『英語ものしり帖』「首の巻」<首を斬る(斬首)>

首を斬る(斬首) 先に取り上げた「首を切る」は、英語では 文字通り cut neck でした。 「首を斬る」方の英語は、まったく違います。 「首を斬る(斬首)」に当たる英語には、二つのものがあります。 behead decapitation です。 Wiki には decapitation しかなく、behe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英語ものしり帖』「首の巻」<喉仏>

喉仏 喉が、首の一部として見えるところに、「喉仏」があります。 「喉仏」は、俗称であって、正式な名称は、「喉頭隆起」です。 なぜ、「仏」と呼ばれるか、というと、その形が、座禅をしている仏様の姿に見えるから、という説があります。 が、これは間違いであって、Wiki の説明によると、 形状が座禅をしている仏様の姿に見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英語ものしり帖』「首の巻」<喉は首の一部>

喉は首の一部だった ところが、こんなことがあります。人間は、ことばだけでなく gesture で、communication を取る動物です。Wikipedia に List of gestures という項目があります。 その中に、こんな gesture があります。 その説明です。 Throat slash, m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英語ものしり帖』「首の巻」<首を切る>

日本で斬首の習慣がいつ頃から普及したか分からないのですが、ヨーロッパでは、ローマ時代から、刑罰として存在していました。 そうならば、次は、「首斬り」の話になるのが筋ですが、実は、首は「斬る」ものであるだけでなく「切る」ものでもあるのです。 首を切る ということで、まずは、「首を切る」話を先にします。 英語では文字通り、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語ものしり帖 「胴体の巻」<首の巻>

『英語ものしり帖』「頭部の巻」を Kindle Store で publish できたので、「胴体の巻」にとりかかりました。 この巻は、「首の巻」「肩の巻」「胸の巻」「腹の巻」「腰の巻」「尻の巻」「腕の巻」から成っています。 「胸、腹、腰、尻」は、すでにブログで公表ずみですので、今回新たに付け加えるのは、「首、肩、腕」です。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more