私の Don Quixote 11.27 Musical "Man of La Mancha"

Man of La Mancha (ラ・マンチャの男)は、Don Quixoteを題材にしたミュージカルです。原作に忠実な作品ではありません。ドどういうものか、上記タイトルを click/tap すれば、それぞれ英語版と日本語版の Wiki が開きます。 日本では、松本白鸚が、染五郎、幸四郎時代を通じて現在まで通算1307回の…
コメント:0

続きを読むread more

私のドン・キホーテ 11.26 Fri. バレエ「ドン・キホーテ」

スーパーの名前になるほど、知名度の高い「ドン・キホーテ」ですが、その原作を、翻訳でも良いから読んだことのある、日本人に限らず、世界の人はどれくらいいるでしょうか。かくいう私も原作を読んだことはありません。要するに風車に挑みかかる挿話くらいを、なんかの話で読んだ人がほとんどでしょう。それなのに、ハムレットより、ひょっとして有名なのは、こ…
コメント:0

続きを読むread more

私の Don Quixote  アピタがドン・キホーテになる。アピタのドンキ化。

昔のユニーがアピタやピアゴになって、変な名前だな、と思っていたら、今度は、ドンキホーテになるという。 それはいいけど、「ドン・キホーテ」を縮めて、「ドンキ」と言っている。お客さんも、「ドンキホーテ」とは言わず「ドンキ」と言っている。 ;">セルバンテスの原作のタイトルは、 この表紙で分かるように、主人…
コメント:0

続きを読むread more

私の読書日記 11.23 Tues. アマゾン3ヶ月99円の読み放題キャンペーン。

キンドル読み放題の話をしていたら、今度は、こんなニュースが飛び込んできました。 詳しくはこのサイトをどうぞ。 案外気づいていない人がいるので、注意を喚起しておきます。 アマゾンプライム会員になっていると、読み放題ができますが、この場合の読み放題対象のタイトルは、確か500か1000か、そんなもんです。 サブスクの…
コメント:0

続きを読むread more

私の読書日記 11.22 Tues. Kindle 読み放題、10冊から20冊へ。

読書の世界が、サブスクに向かうと思ったら、すぐにこんなニュースが流れてきました。 オリジナルサイトはこちらです。 読んでみてください。世の中の読書世界、確実にサブスクに向かっています。というか、紙の本からデジタルに向かっているということです。 いつまでも紙の本や、また紙の新聞にしがみついていると、まあ、いいか、あなたの…
コメント:0

続きを読むread more

私の読書日記 11.21 Sun. 読書がサブスクになる。サブスクとは何?

昨日紹介した記事で、もっとも印象的だったのは、本を読むという行為も、音楽配信や動画配信のように、サブスクになる、 ということでした。 では、サブスクとは何?とうと、そういく言葉を聞いたことはあるけど、じっさいのところよくわからないという人も多いでしょう。 そこで、私が開設するまでもなく、ネット上に、サブスクを説明したサイトがありま…
コメント:0

続きを読むread more

私の読書日記 11.20 Sat. 出版社もKindle読み放題に続々参入!

最近 Kindle をめぐる2つの記事が目に止まりました。それを一つづつ今日と明日で紹介します。 まず最初は、このタイトルの記事です。 このサイトで、全文読めます。 自分で読んでください。 だから、私のKindle本は、全部「読み放題」対象で、買取価格は最低の100円にしてあるわけです。 もっとも読む人があれ…
コメント:0

続きを読むread more

私のおしゃれ日記 11.19 Fri. Google Lens の奇跡!

スマートフォンのカメラで撮った写真は、自動的に Google Photo に保存されます。 その保存された写真の下に、こんなメニューがあります。 左から3つ目に「レンズ」があります。このレンズは、Google lens のことで、普通はカメラで被写体に当てるのですが、カメラを使わずに、このレンズのアイコンを tap すると…
コメント:0

続きを読むread more

私のおしゃれ日記 11.16 Tues. My Wardrobe セーターの巻 No. 2

今はなくなってしまいましたが、岐阜の柳ヶ瀬商店街に、輸入者のセーターを数多く取り揃えた Men's shop がありました。毎年年明けの 1月15日になると Sale を始めます。毎年その日に駆けつけて、3割から5割引になっている、主としてフランス製とイタリア製のセーターを買いました。 なぜか、私の好みのセーターはたいてい売れ残ってい…
コメント:0

続きを読むread more

私のおしゃれ日記 11.15 Mon. 私のワードロープ 撮影苦労話

セーターの写真を撮りたいと言う計画は前々からもっていました。床に置いて写真を取ったことがありますが、うまく行きません。 これはやっぱり商店で展示してあるように、マネキンに着せなきゃだめだな、と思いました。しかし、マネキンは高いだろうし、どこで買ったものか、結構長らく悩んでいました。アマゾンなら何でもあるかな、と思って調べたら、ビニール…
コメント:0

続きを読むread more

私のおしゃれ日記 11.14 Sun. 私のワードロープ公開。セーターの巻。その1

まだ高校生の時だったか、大学生になってからか、定かでないですが、欧米の著者の本に、著者近影という写真が載っていた時、 多くの著者がスーツ姿でなく、セーター姿で写っているのを、カッコいいな、と思いました。 自分もいつか本を書いて出版する時の、著者近影では、セーター姿を載せたいものだ、と思いました。 いつ頃のことか覚えていませんが…
コメント:0

続きを読むread more

私の Rock 日記 11.12 Fri. 今日は初めての Rock です。私が大ファンの Rod Stua…

WOWOW で放送されたのを録画して Blueray Disk に移して何度も視聴していたお気に入りの Rod Stuart の スイスのバーゼルでの演奏会が気がついたら YouTube に upload されていました。212万回視聴されています。スイス人もロックに熱狂するのですね。大人がです。 https://…
コメント:0

続きを読むread more

私のオペラ日記 11.11 Thur. Fiorenza Cossotto の Oh! Don Fatale

歌舞伎座とか La Scala では、通は、天井桟敷といわれる最上階に陣取って、「何々屋」とか、”Bravo, Brava, Bravi" と叫んでいます。もっとも  La Scala では、気にいらえば booing の嵐です。 その La Scala では、常連は、オペラ全幕に付き合うのでなく、聴きどころ以外は、通路に出て…
コメント:0

続きを読むread more

私の batting 日記 11.9 Tues. 長島さんや王さんより???

昼から晴れたので一ヶ月ぶりに batting center へ行った。以前は、近所にあった batting center に週に1, 2 度行ってたけど、 そこが3年ほどまえ潰れてしまった。近場で他の場所を3,4箇所試した見たが、タイミングが合わないところばかりだった。 大垣に同じ会社の運営する同じシステムの batting ce…
コメント:0

続きを読むread more

私の読書日記 11.8 Mon. 老年期と思春期に違いがない。

スマートフォンの Yahoo ニューズを見ていたら、これが目に止まった。 「老年期と思春期に違いがない」というのが気になった。 この本を紹介するニューズだった。 Kindle版があったので、とりあえず無料のサンプル版を注文した。読み始めて、サンプル部分が終わったら、なんとなく続きが読みたくて、 購入してしまった。 …
コメント:0

続きを読むread more

私のJazz 日記 11.7 Sun. Sammy Davis Junior Mr. Bojangles …

昨日の Jazz 女性 vocal はどうですか。男性 Jazz vocal で古典的名演といえば、これでしょう。 YouTube にドイツでの公演がありました。なぜか、ここで紹介する YouTube の Jazz の名演、ドイツが多いですね。ドイツと言えばベートーベンクラシック音楽の本場なのに、Jazz が好きなのですね。ドイツ人…
コメント:0

続きを読むread more