ツイッターと書かないで。ツィターと書いて。

 twitter を、「ツイッター」 とカタカナ表記する人が多い。テレビ・新聞もそうしている。そして、テレビで発言している人は、実際に、促音で 「ツイッター」 と言っている。
 このブログで、震災前に、ちょうど同音二重子音は、一音しか発音しない。英語国民は、促音で二つの同音子音を発音できない、と指摘したところでした。
 同音二重子音でも、無音破裂音の子音、t と p だけが、apple, batting の場合のように、「アップル」「バッティング」 と促音で発音され、babble, saddle のように、有音の破裂音は 「バブル」「サドル」 と促音になりません。破裂音以外の
swallow, common, banner, coffee, horror などは、「スワロー」「コモン」「バナー」「コフィー」「ホラー」 と促音にはなりません。
apple は、本来は、「アプル」、batting は、「バティング」 カタカナ表記すべきなのです。それと同じく、twitter は、「ツィター」 としないと、英語を話す時にも 「ツイッター」 となってしまって、理解されない恐れがあります。
下の発音をクリックしてよく聴いてください。上から順番に twitter, batting, apple です。









少なくとも英語教育関係者は、日本語の中でも、正確に発音するようこころがけてください。
そしてですね。「ツイッター」 と言ってるひとは、「あっ、この人英語できない人だな」 と思っても間違いないですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック