タッチスクリーン誕生秘話。

昨日に続いて、iPhone 誕生のドラマです。ドラマというのは、Jobs の伝記に書かれている様子であって、私がそれをかいつまんで、ここに書いているのは、全然 dramatic でないです。是非、原文を、できれば英語で読んでみることです。
  Jobs が、"Let's do it ourselves." と言って、その後の communication の歴史を変える iPhone 開発が始まりました。
  しかし、
   Their initial approach was to modify the iPod They tried to use the trackwheel as way for a user to scroll through phone options and, without a keyboard, try to enter the number. .
それまでの、iPod と当時の smart phone の先駆けだった Blackberry と Blackjack は、下の画像のように、trackwheel や、keyboard に下半分を取られて、画面は上半分に限定されていました。
画像
 

下半分が、keypad でしめられていた cell phone も同じことでした。最も日本の maker は、折りたたみ式 collapsible の cell phone を開発して大きい画面にすることに成功しました。
 開発初期から Jobs が最も嫌ったのは、keyboard でした。
 A couple of members of the team argued for having a keyboard as well, given the popularity of the Blackberry,
but Jobs vetoed the idea.
 A physical keyboard would take away space from the screen,
 and it would not be as flexible and adaptable as a touchscreen keyboard.
ちょっと長くなりますが、続きも c&p しておきましょう。その方が、ドラマが伝わるでしょう。
“A hardware keyboard seems like an easy solution, but it’s constraining,” he said.
 “Think of all the innovations we’d be able to adapt if we did the keyboard onscreen with software.
 Let’s bet on it, and then we’ll find a way to make it work.”
  The result was a device that displays a numerical pad when you want to dial a phone number, a typewriter keyboard when you want to write,
 and whatever buttons you might need for each particular activity.
 And then they all disappear when you’re watching a video.
 By having software replace hardware, the interface became fluid and flexible
.

 今、smart phone で、われわれが当たり前のように、指先の tap で、すいすいと行なっている。multi-touch と呼ばれる技術は、keyboard 嫌いの Jobs の偏狭的ともいえる insistence によって、この世に生まれたのでした。Thank you, Jobs san, again.
そういえば、keyboard を使わず、mouse でできる GUI を最初に取り入れたのも、Jobs の Mac でした。Windows が後から真似をしたのです。
 で、同じことが、この multi-touch にも、iPhone の出現によって起こったのでした。続きは明日。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック