いい話。おすそ分け。よき週末のために。

 私の家では、紙の新聞で、「中日新聞」を取っています。そのコラム「中日春秋」に heartwarming story が紹介されていたので、中日新聞を取ってない人に share します。

 柿間喜美さん(69)は、「みどりのおばさん」だ。三十年近く川崎市の街角で小学生たちの登下校を見守ってきた

▼毎日、顔を見ているから、分かることがある。真新しい服や靴を着てうれしそうな子には「おはよう、新しい靴だね」「いい服だね」。少し気落ちした顔の子もいる。そんな時は肩や背中をポンとたたき「いってらっしゃい」。柿間さんは「ほんの一、二秒のことなんです」と言う

▼地元の中学に通う浅野愛子さん(12)のお母さんが、作文を渡してくれたのは昨年末のことだ。それを読んで、柿間さんは「これが私のお給料だな」と思った

▼<なんだか少し暗い気分の朝、みどりのおばさんは、まるで私の気持ちがわかるかのように、そっと私の肩に手をおいてくれる。そんな時は、みどりのおばさんの心の中の言葉が手のあたたかさをつたって、私の心に聞こえてくるような気がする>

▼中学に通うようになって、通学路は変わった。でも愛子さんは、時々遠回りしては、柿間さんに会いに行く。いつもの「いってらっしゃい」を聞くために

▼愛子さんは、作文をこう結んでいる。<いつもあたりまえのようにそこにいてくれる、いつもあたりまえのように声をかけてくれる、いつもあたりまえのように笑顔で見送ってくれる-そんなみどりのおばさんがいてくれる、あたりまえのある風景が、私は大好きだ>

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013020902000093.html

 という話です。
 余計なことですが、私がこの記事をここに、どうやって、copy したか、知りたいですか。
 まさか、紙の新聞を見ながら、typing して、それを、ここに copy した、とは、そんな面倒なこと、私がするはずはない、とは、とうにご存知でしょう。
 私の XPERIA には、「社説リーダー」という app が入っています。これは、日本各地の新聞の「社説」だけでなく、代表的なコラム記事も、毎日集めて載せてあるものです。
 上の記事を、紙の新聞で見つけたので、早速 XPERIA で「社説リーダー」を開き、「中日新聞」の「中日春秋」を開いて、メニューにある、「Evernote に保存」を tap しただけです。
  その後で、PC の Evernote を開くと、ちゃんと同期して、出ていますからそれを、この entry に c&p しただけのことです。
  簡単でしょう。
  紙とペンの時代は、終わりましたね。枕元に、ノートとペンを置いて寝る、太古の時代は終わりを告げ、smartphone/tablet、そして、Kindle を枕元において寝る時代です。Smartphone には、flashlight もついているので、夜 toilet に行く時は便利ですね。
  人生 smart に生きましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック