Web 生誕25週年。 インターネットは、もっと年寄り。 Web=ネットではない。

日本では、あまり話題になっていないようですが、今年は、「Web 生誕25周年」 です。
画像

 それを記念して、Web 財団はじめ関係者の間では、いろいろなイヴェントが計画されています。
画像

  World Wide Web、通称 Web は、25年前の 1989年に、Tim Berners-Lee によって、発明されたのです。
  それ以降、パソコン で、インターネットにアクセスする人で、Web のお世話になっていない人はいないでしょう。
Windows が、普及してから、パソココンを使って、インターネットを 「使い」 始めた人は、インターネットとは、Web のことだ、と思っている人が、ほとんどです。
 先日も、大学の教員が主体のある昼食会があって、その席で、私が、「インタネットとは、Web と同じものではないですよ。 Web が生まれたのは、25年前で、インターネットは、その20年以上前からありましたよ。」
と言ったら、私の席の周りの人たちが、「えっ、そうですか!?」 とびっくりしてました。
 疑う人は、Wiki の History of the Internet を読むといいでしょう。 日本語版もあります。
その日本語版には、
インターネットの歴史は1950年代のコンピュータの発展と共に始まった。
最初の ARPANET のリンクは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校とスタンフォード研究所 (SRI) の間に確立された。 1969年10月29日22:30のことである。

 と、書いてあります。

 ある年、1990年前後 (バブル時代です)でしょうか、当時の文部省の予算が余ったということで、全国の地方大学にインターネット回線が引かれました。 それまで、MS DOS 環境で、電話線を使って、modem で、インターネットに接続していたのが、Web でインターネットに接続できるようになったのです。
 Web browser として、Netscape が、最初は大学や研究機関だけだったと覚えていますが、無料で、download できるようになりました。 それを download するには、Web を使わず、インターネットのファイル交換プログラムである、FTP のサイトへアクセスし、そこから download してました。 それを、install すると、Web が使えるようになるわけです。 こういう経験をしていると、インターネット、即、Web でないことは、最初からわかっています。

 ということを、頭に入れておいて、まずは、Web 生誕25周年おめでとうございます。
あれから 25年か、と、Web 誕生当時から付き合っているというか、ずいぶんお世話になっている者として、感無量の趣がありますね。
 それは、長いというか、短いというか。
長ければ、Web の発明者の Tim Berners-Lee は、もうこの世にいないでしょう。
彼は、多分 Web 発明の功で、Sir に叙せられています。
 25年と言うのは、短いですね。 Sir Tim Berners-Lee は、まだ健在で、25周年メッセージを Web 上で出しています。 下記 Web site に、そのメッセージが出ています。 ヴィデオもあります。
Celebrating the 25th Anniversary of Invention of the Web
画像


 そのメッセージを、短いので全文紹介します。 日本語訳はありません。 赤文字とところを特に気をつけて読んでください。
Twenty-five years ago today, I filed the proposal for what was to become the World Wide Web. My boss dubbed it ‘vague but exciting’. Luckily, he thought enough of the idea to allow me to quietly work on it on the side.

In the following quarter-century, the Web has changed the world in ways that I never could have imagined. There have been many exciting advances. It has generated billions of dollars in economic growth, turned data into the gold of the 21st century, unleashed innovation in education and healthcare, whittled away geographic and social boundaries, revolutionised the media, and forced a reinvention of politics in many countries by enabling constant two-way dialogue between the rulers and the ruled.

There are a few principles which allowed the web, as a platform, to support such growth. By design, the Web is universal, royalty-free, open and decentralised. Thousands of people worked together to build the early Web in an amazing, non-national spirit of collaboration; tens of thousands more invented the applications and services that make it so useful to us today, and there is still room for each one of us to create new things on and through the Web. This is for everyone.

Today, and throughout this year, we should celebrate the Web’s first 25 years. But though the mood is upbeat, we also know we are not done. We have much to do for the Web to reach its full potential. We must continue to defend its core principles and tackle some key challenges. To name just three:

How do we connect the nearly two-thirds of the planet who can’t yet access the Web?
Who has the right to collect and use our personal data, for what purpose and under what rules?
How do we create a high-performance open architecture that will run on any device, rather than fall back into proprietary alternatives?


There are no easy answers to these, and many other questions. Remember though that the Web was built by all of us, and so we all can, and should, play a role in defining its future. So please get involved. Send a birthday message to the Web using #web25 on any social media platform or by using this site. Support the work of the World Wide Web Foundation and the Web We Want campaign. Engage with the World Wide Web Consortium to imagine and build the future standards that will keep the Web the powerful platform for innovation that it is, starting with a symposium on the future of the Web.

Please visit this site (webat25.org) regularly for more details on events to celebrate the Web’s birthday and for more on how you can be involved in shaping its future. By working together, I believe we can build a Web that truly is for everyone: one that is accessible to all, from any device, and one that empowers all of us to achieve our dignity, rights and potential as humans. Let’s use this landmark birthday as a crucial step on that path.

言ってみれば、
Web by the People, for the People and of the People
ですね。

この Web が、25歳にして、瀕死の重体である、という指摘があるのです。
The Web Is Dead. Long Live the Internet

読める人は、読んでみてください。 明日概略を紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック