ウェブの衰退は、なぜ、どのようにして始まったか。

"The Web is dead!" ウェブは死んだ。
"Who's to blame?" 誰のせいで?
”Us" 私達のせいだ。 
 Chris Anderson の話の続きです。

インターネットと Web のこの違い distinction は、些細などうでもいい事ではない、のです。
This is not a trivial distinction.

どのように、
Over the past few years,
one of the most important shifts in the digital world
has been the move from the wide-open Web
to semiclosed platforms
that use the Internet for transport but not the browser for display.

ここで、過去2,3年というのは、この記事が5年前のことですから、今から言えば、7,8年前のことです。
ということは、今年が2014年ですから、2007年ごろのことです。 2007年といえば、最初の iPhone が発売された時です。 その時から、潮目が変わったのです。
その間の
digital world でもっとも重要な移り変わり shifts のひとつは、
開かれた Web (wide-open Web) から、
半分閉じられた プラットフォームへ
移ったということです。

「プラットホーム」 は、日常語では、「駅のホーム」 や、「演壇」 のことですが、コンピューターの世界では、
<プラットフォームとは、あるソフトウェアやハードウェアを動作させるために必要な、基盤となるハードウェアやOS、ミドルウェアなどのこと。 また、それらの組み合わせや設定、環境などの総体を指すこともある。>
ということで、言ってみれば、コンピューターが活躍する 「舞台」 ということです。

この舞台が、
データーなどを、運ぶのに、インターネットは使いますが、そのデーターを画面に写すのに、ウェブの browser は、使ってない、というのです。 つまり、ウェブを必要としないのです。
どうしてそのようになったか、というと、
It's driven primarily by the rise of the iPhone model of mobile computing,
iPhone が、出てきたからです。
下手に日本語にすると、かえってわかりにくくなります。 ここは、このまま英語で理解してください。
mobile computing、つまり、持ちあるくコンピューターとでも言えばいいでしょうが、smartphone/tablet のことです。
and it’s a world Google can't crawl, one where HTML doesn't rule.

ここで、気を惹かれるコメントをしています。
その世界は、Google が、這い回れない (crawl) できない、Web を使うためのプロトコルである HTML (HyperText Markup Language) が支配しないところ、というのです。 だから、The Web is dead!となるのです。
ここで、なぜ Google が出てくるか? Google は、web 上の検索で儲けていたからです。 しかし、その後 Google は、iPhone に対向する smartphone/tablet 用の OS Android を 'open' にして、誰もが その platform で、apps を河合発できるようにしました。 Google の話はまた別途とりあげることにして。

そうなってきたのは、
And it’s the world that consumers are increasingly choosing,
私達 consumers (日本語の定訳の 「消費者」 とは、ちょっとニュアンスが違います) が、ますます、こちら、つまり iPhone model の世界を選ぶからです。
そして、それは、
not because they’re rejecting the idea of the Web
web の idea を退けているわけではなく、
but because these dedicated platforms often just work better or fit better into their lives
それぞれの apps (アプリ)専用のプラットフォーム (dedicated platform) のほうが、使いやすいからです。
dedicated とは、「献身的」 という意味です。 You are a dedicated lover. といえば、ひらすら恋人のためにつくす男性のことです。

このことを、面白い言い方で表しています。
(the screen comes to them, they don’t have to go to the screen).
ようするに、browser で、探さなくても、apps (アプリ) の方から来てくれる、というのです。
Smartphone/tablet を使っている人な実感しているでしょうが、画面 (screen) の apps の icon を tap すれば、すぐに、その apps (アプリ)が立ち上がって使えます。
そして、ここが問題です。
The fact that it's easier for companies to make money on these platforms only cements the trend.
この方が、企業 (companies) の金儲けに都合がいいので、この傾向 (trend) が、ますます固まって行っているのです。
このように、作る人と使う人の利益が合致するところ、Web は、デジタル革命の頂点を極めることができないのです。
Producers and consumers agree: The Web is not the culmination of the digital revolution.

別に、特に consumers が望むなら、「消費者は王様」 ともいうから、それでいいのではないか、と思うでしょう。
どうもそういうわけには行かないようです。
昨日名前だけを紹介した journalist の Michael Wolff の指摘があります。
明日紹介します。

ということで、今日は、なぜ、Web の衰退が始まったか、それは誰のせいなのか、
という話でした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック