「学術論文」 で先行研究を紹介するのに、C&P は必須の道具。 ブログにも。

 「新聞の切り抜き」 は、良くて、「コピペ」 は、なぜ悪い、
ということを、しっつこく書いています。
 今までは、「新聞の切り抜き」 が、「時代遅れ」 であるかのようなことをもっぱら書いて来ました。
「コピペ」 が、なぜ悪い、と開き直っている感じを与えていた、と思いますよ。 その一方で、「コピペ」 は、こんなにいいことだ、しなければならない、とは言いながら、なぜしなければならないか、というわけは、私の以前のエントリーを紹介しただけでした。
 それでは、そんなこと言っているのは、お前だけだろう、と信用しない人もいるでしょう。 How about you?

今日は、そういうことを考えている人は、私だけではないですよ、 という話です。 そして、それこそが、「コピペ」 が、「書き手」 には、むしろしなければならないものだ、ということを証明するのです。
画像

 最初に断っておきます。 今日紹介する 「コピペ」 の記事で使われている 「コピペ」 は、著者は慣習にしたがって使っていますが、実際には、copy & paste のことです。 だから、読むときには、copy & paste または c&p と読み替えて読んでください。
 
 ちょうど都合がいいので、ここで大事な指摘をしておきます。 いちいち copy & paste または c&p と読み替える面倒を省くために、テキストの 「コピペ」 のところを、いっそ、全部最初から、そのように書き換えておいたら、と考える人もいるでしょう。 しかし、それは、c&p の正道ではないのです。
先にも指摘したように、copy & paste 道においては、一字一句違えず、copy & paste することが、正道なのです。

 まずは、4月15日の Newsweek 誌 online 版の冷泉彰彦氏のブログ記事です。
画像

 この記事のタイトルは、ちょっと分かりにくいですね。
 これは、本文を読めばわかりますが、次のように読み替えるとわかりやすいでしょう。
「コピペがゼロで、100%オリジナルな論文」 などない。 それをオリジナルと認めることは許されない。
 これでも、まだ、わかりにくいかな。
 本文を見てみましょう。 然るべきところを c&p します。
まずは、私と意見を同じくするところです。
今回の 「STAP細胞」 「事件」 の報道に関してです。
その 「伝えられ方」 の中で、一点だけどうしても我慢のならないことがあります。 それは、論文に 「コピペ」 が横行しているのはケシカランという報道が余りに加熱しているために、まるで 「コピペがゼロ」 の、つまり 「100%オリジナルな論文」 が理想であるかのようなイメージが拡散していることです。

 
 その理由として、
学術論文というのは、研究者が全くの独創で考えて書くものでは「ありません」。 まずその分野における 「先行研究」、つまり過去の多くの研究者が研究して発表した論文などの成果を、ひと通りレビューすることが求められるのです。 過去の研究成果の積み上げに対して、異議を申し立てるにしても、足りないところを補うにしても、新たな説を付け加えるにしても、「先行研究」 を紹介してまとめるという部分は、どのような学術論文の場合でも必要なことです。

 この記事で、氏は、「先行研究」 を紹介するのに、「コピペが必要」 という表現は使っていませんが、その言うところは、特に、「引用」 する場合は、「そのまま引っ張ってくる」 という言い方で、明らかに c&p するということを言っています。
 氏が強調しているのは、学術論文の場合です。 STAP事件は、学術論文に関することでしたから。
 このように、学術論文では、先行研究を紹介することが必要で、その先行研究は、やはり学術論文として発表されているわけですから、それを紹介するのに、一字一句も間違ってはならないのです。
 論文を書くのに紙に筆記具で書いていた時代では、写し間違いがあれば、大事 (おおごと) になりました。.

Internet 上の Web に学術論文が、デジタル文書として発表されるようになると、copy & paste が簡単にできるようになり、しかも、一字一句間違えることなく、copy & paste 出来るように成りました。
 これは、大きな進歩でした。
 だのに、今回の STAP報道で、「コピペ」 という、私に言わせれば、derogated な用語を使って、冷泉氏も、怒っているように、
論文に 「コピペ」 が横行しているのはケシカランという報道が余りに加熱している
のです。

 冷泉氏は、学術論文の立場で怒っています。
 私も、学会に身を置いていたので、よくわかることですが、それより、私がもっと心配しているのは、何度も言っていることですが、
 マスコミに影響されて、学校の先生が、 「コピペ」 と c&p の違いも知らず、生徒に、「コピペ」 はいかんよ、と話し、c&p の仕方も教えないことです。

 今日、このブログ記事を紹介したのは、
c&p は、してはならないことでなく、むしろ、しなければならない、
ということを、学術論文の場合についてですが、言っている人がちゃんといますよ。 それも、世界的に知られている Newsweek 誌で、ということをお知らせしたかったのです。 全文は、ここを tap/click してください。
 そして、
c&p は、学術論文だけでなく、ブログなど、全ての 「書き物」 に必要ですよ、つまりは、全ての 「書き手」 に必要ですよ
 
 ということと、そのわけを、明日はまた別のブログ記事を紹介しながら、こういうことを言っているのは私だけではないですよ、と、
 さりげなく?ぶつぶつとつぶやきます。 Do you ( Did you) understand?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック