英語前置詞、「上」 は on だけにあらず、上には上がある。

 英語の前置詞には、「~の上」 というと、on の他に over を中学校段階で習います。
その時に、よく受ける説明は、
on は、何かの上に引っ付いている場合で、over は、離れている場合、
というものです。
 "on と over 違い" で、google すると、やはりそのような説明がでています。 それにしてもいい加減な説明が多いですよ。 試してみてください。
 
 Over でも、引っ付いている場合があります。
下の画像は、SF Modular System で、over を学ぶ時の画像です。
画像
左の3つは、確かに離れている場合ですが、一番右の場合は、dress が over the armchair で、dress と armchair は、引っ付いています。 
 私たちは日常的に、椅子などに、着ているものやマフラーなどを、引っ掛けますが、あの場合、前置詞は on でなくて、over です。 ちなみに "scarf over the chair" で google したら、こんな画像でありました。 右側は写真でなくて、絵画です。
画像画像

あるものが、下にあるものに接して、全面的に覆っている場合にも over が使われます。
The snow is over the ground。
The carpet is over the floor.

これらの状況は、画像で 「一見」 するまでもなく、イメージが湧くでしょう。
全面的ではなくても、全体を覆っている感じがする時にも over が使われます。
The headphones are over the head.
こんなイメージじです。
画像
格好いいですね。
 ちなみに、このような headphones のことを、'over the head headphones" と呼ぶそうです。
画像

先の例の、
The carpet is over the floor.
の場合は、wall to wall carpet が、部屋の床全面を覆っている場合です。
 この文を 「絨毯が床の上にある」 などと訳していると、こんな場合をイメージする危険があります。
画像
日本語では、「絨毯」 という時に、
画像
辞書の説明にもあるように、carpet と rug を区別しない傾向があります。 日本では、絨毯と言えが、carpet が普通で、rug は、あまり使わないようです。 欧米では、carpet の 「上」 に更に rug を、それも一枚でなく、何枚も敷いている家がよくあります。
 rug は、床全面でなく、一部だけを覆っているので、上の画像の場合は、
The rug is on the floor.
と on を使います。
 carpet と rug を、どちらも 「絨毯」 と思ってしまったのは、アラビアンナイトの話に出てくる 「魔法の絨毯」 や 「空飛ぶ絨毯」 の影響があります。
画像画像
これらの画像を見ると、床一面の carpet というより、床の一部に敷かれる rug のイメージです。 しかし、考えてみてください。 この画像にあるように、ふたり以上の人間が乗るとしたら、rug では乗れないでしょう。 だから、英語では、これらは、magic carpet あるいは、flying carpet になります。
「絨毯」 という場合、carpet と rug をちゃんと区別して、同じ 「上」 でも、over と on を使い分けなければなりませんね。
 このように 「一見」 してくると、
on と over の違いは引っ付いているか離れているかではなく、
引っ付いている場合でも
上に乗っているものが、下のものを覆っているような場合に over が使われ、on は使われません。

離れている場合は、上にあるものが、下のものより小さくても構いません。
over the fence, over the hurdle, over the roof など、離れて上にある場合は、上にあるものが小さくても over です。 over the fence をするのは、小さな ball ですからね。
 
 学校英語では、このような説明を、口で説明することが多いし、参考書なども文字だけで説明しています。 生徒は 「百聞」 するわけですが、このように 「一見」 すれば、「百聞」 などムダなことをせずに済むことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック