「山頂」 「山麓」 に見る、at, on, in 。 やっぱり 「一見」 に如かず。 「読」 はダメ

「海面」 と 「海底」 の話を、昨日しました。
「海」 と言えば、「山」 ですね。 山なら、尖っていますから、「面」 でなく 「頂き」 ですね。 「底」 なくて、「麓」 になります。
「山頂」 と 「山麓」 です。
 これを英語でどう言うか。 「山頂」 は、the top of the mountain という言い方と mountain top という言い方の二つがあります。
 「麓」 の方は、試しに "山の麓 英語" で google すると、
画像
foot of the mountain が定番になっています。 学校の英語でもそう習ったでしょう。
 ところが、bottom of the mountain という言い方もあります。 試しに google で調べたら、
the foot of the mountain 603,000
the bottom of the mountain 9,020,000

問題にならんでしょう。 昨日調べたのですが、あまりの差にびっくりして、念の為に今朝も調べましたが、結果は変わりません。
 どうやら、海と山との 「親近感」 で、「海底」 というと、なだらかな平面を連想し、「山麓」 もそういうなだらかな平地をイメージすると、foot という 「足元の狭い空間」 でなく、bottom of the sea のような広がりの空間をイメージして、the bottom of the mountain とするのでしょうか。 そんなことを考えて、この二つを 「一見」 すると、
画像画像
全然当たっていませんね。 foot の方がなだらかなイメージで、bottom の方が、山に迫っているイメージです。 山から見ると急に底へ落ち込む感じだから bottom になるのでしょうか。 それぞれ、考えてみてください。
 そこで、foot と bottom の位置を表すのに、at, on, in のどれを使ったらよいか、日本人英語学習者としては迷うところです。 定番は、at the foot of the mountain です。 つべこべ憶測せずと、google しましょう。
at the foot of the mountain 531,000
on the foot of the mountain 399,000
in the foot of the mountain 413,000

at the bottom of the mountain 8,300,000
on the bottom of the mountain 7,890,000
in the bottom of the mountain 7,540,000

bottom が foot より、はるかに多いので、at, on, in をつけた場合も bottom が多いのは当然ですが、どちらの場合も at が、優勢ですが、on, in も負けてはいませんね。
そこで、昨日 「海」 の場合に持ちだした、時間との認知論的共通点ですが、at, on, in と、その場所の空間の認知の広がりによって、より限定された位置の at から, on, in へ広がるという、私の説が、ここでも通用するかどうか、I'm not sure. I ask for your opinion.

ということで、pending しておいて、「山頂」 の方を見てみます。 そもそも 「山頂」 とは、どういうところか "top of the mountain" と 'mountain top" で 「一見」 してみます。
画像画像
両方に共通した画像もあるし、とにかく尖った狭いところと 「一見」 されます。
 そうなら、その場所は、at か on が普通だろうと、見当をつけて、google したら、

at the top of the mountain 24,700,000
on the top of the mountain 24,600,000
in the top of the mountain 25,200,000

at the mountain top 329,000
on the mountain top 412,000
in the mountain top 370,000

top of the mountain の方が圧倒的に多いですが、どちらも at, on, in と保飛んで差がないですね。 top of the mountain の場合、in が一番多いとは、意外でないですか。
 そこで、そういえば、「富士山頂」 はどうだっか、「一見」 してみました。
画像画像
結構平ったいですね。 こんなら in もありうるか、と納得。
 試しに、Mt. Everest は、どうでしょうか。 「一見」 したら、
画像画像

こちらも結構 「平地」 がありますね。

こうやって、いろいろ 「一見」 し、また、google してみると、新しい発見が出てきますね。 何度も同じことを言ってますが、紙の辞書と教科書で、いくら文字を読んでいても、「百聞は一見に如かず」。
早く smartphone/tablet に切り替えるべきです。 blind & deaf の英語学習をやめなければダメです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック