「大笑い」 するのは、アメリカ人か日本人か、それとも 「馬」 か。

 「笑う」 なかでも、もっとも 「大笑い」 する 「笑い」 は、漢語で 「爆笑」 とか 「哄笑」 と言います。
これを、英語でどういうか、中学生や高校生が、和英辞書で調べれば、guffaw が出てきます。 聞き慣れない 「見慣れない)単語でしょうが、英語の小説など読んでいると、よく出てきます。 google したら、
484,000 hits でした。
 Online dictionary に真っ先に出ている定義では、
a loud and boisterous laugh.
 となっています。 「一聞」 したいところですが、できないので、「一見」 してみましょう。
画像
Clinton さんが 「笑って」 ますね。 なぜか、大人の男が多いです。 女性や子供が guffaw しないことはないだろうと、scroll down したら、ありましたよ。 ついでに Obama さんもいました。
画像画像画像
みんな嬉しそうですね。
では、日本人が 「大笑い」 すると、どういう顔つきになるか、「大笑い」(左) と 「爆笑」 (右)の 「一見」 です。 「哄笑」 では、適切な画像はありませんでした。
画像画像
東野英治郎さんの水戸黄門の 「笑い」 は、typical guffaw でしょうね。 日本人の 「大笑い」 顔を 「一見」 しようとしたにに、何故か日本人でない人が、4人も入っています。
 爆笑の画像は 「一見」 して、ちょっと違うのでない、という感じです。
 guffaw とは、どういう 「笑い」 か、とりあえず見当がついたでしょう。
 ところで、「大笑い」 というか、「馬鹿笑い」 のことを、horse laugh と言います。 deer laugh とは、言わないようです。 horse laugh を 「一見」 しましょうか。
画像

 「笑い」 については、こんなところで打ち上げにしたいと思います。 「論より証拠」 「百聞は一見に如かず」 の話というより、「笑いの展覧会」 でしたね。
 ところで、最後に、例の Mr. Been さんの様々な 「顔つき」 が、英語で言えば facial expression があります。 そのいくつかを 「一見」 してみます。
画像画像

画像画像

 まだまだ、この何倍もあります。 なぜ、Mr. Bean の多様な 「顔つき」 を紹介したか、というと、それぞれの 「顔つき」 を言う時に、今まで紹介した grimace, wry smile, smile, sneer, giggle, etc. だけでは、到底足りないからです。 そして、英語には、facial expression を表現する、もっといろいろなことばがあるはずです。 そういうのを知りたいなと思うわけです。
 それと、日本を長らく支配してきた武士階級と、先にも紹介したように、日本人の精神構造を規定しているとされる武士道では、感情を表に、つまり、顔に表すことは抑制されてきました。 そして、国際社会で、「日本人は無表情」 という 「うわさ」 が流されています。 "日本人は無表情" で google したら、
画像

 グローバル人材が問題になっていますが、英語も大事ですが、表情豊かない人になることも大事です。 英語を学習する際に、文字だけを頼りにするのでなく、絶えず表情豊かな 「顔」 face を 「一見」 することが、大事でないですよ。 それには、言わずもがなですが、smartphone/tablet が不可欠です。 「スマホ狩り」 なんてもっての他です。
 明日からは、顔のもう一つの 「機能」、「泣く」 の話です。
そういえば、日本語では、「泣き笑い」 とか、「泣いて笑って」 など、「泣く」 の方が 「笑い」 より先に来る言い方がおおいですね。 私の話は、順序を間違えたかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック