SF Modular System の道具、これまでの まとめ。

  SF Modular System の英語学習工学では、どういう「道具」を使っているか、というj話です。

まずは、このところその内容を紹介してきた Information Activity です。
これは、「教則本」であると、紹介しましたから、うっかりすると、紙の本と思っている人がいるかもしれません。

これは、Kindle Store で販売している eBook (電子本)です。
文科省が音頭を取って、教科書を全部電子教科書にする、と言ってますが、まだ、出回っていません。
英語教科書出版社から、先取りして出ていますが、それらは、Windows PC 上で動くものとか、Tablet と言っても、iPad 上で動くもので、smartphone 上で動くものは出ていません。どこで入手できるのか、よくわからないものが多いですね。

Information Activity と、この後に続く、Vocabulary & Syntax Series そして、My Life Series は、Amazon の Kinlde Store で、300円で販売されている安価な eBook です。
Credid Card を持ってない生徒でも、Convenience Store で Amazon Gift card を購入して、Kindle Store から、online で買うことのできる、便利な道具です。
英語学習の、main tools になる、Vocabulary & Syntax Series/My Life Series を使うための
Hardware 道具として、今やだれでも持っている smartphone を使います。
そして、その smartphone で、eBooks を読むための道具が、Kindle Reader application です。
画像

無料で Play Store から download できます。 iPhone の場合は、App Store ですかね。

ここで忘れてならないのは、この eBook 教則本は、「音が出る」ということです。
私にとっては、「音が出る」といいうのは、あまりにも当たり前すぎて、つい強調するのを忘れていました。
みなさん、今までに、音の出る英語の教科書を使ったことがありますか。
今まで、大学の英語クラスや、岐阜県図書館の講座では、eBook にする前の Evernote 版を使ってましたが、それも教科書の一種でしたが、音が出るのを、みなさん、当たり前のように思っていました。
Evernote 版の前の CD-ROM 版でも、音が出たり、動画が出るのは当たり前でしたので、今回、それらに基づいた制作した Kindle 判が音が出るのは当たり前ですが、
この Kindle 版で、初めて「書」と呼べるものになったわけです。

ということは、音の出る「教科書」の先駆けともいうべきもので、これは考えてみると、大変なことではないですかね。
音の出る英語教科書は、しかも、簡単に手に入り、smartphone で使えるようなものは、この世にまだないでしょう。
あったら、教えてください。あったとしても、高くて、生徒に手が出ないようなものはだめですよ。


ということで、考えてみたら、Information Activity で始まる、SF Modular System、の英語学習の、第一の道具は、英語学習になくてはならぬ「音の出る教則本」であったのです。
そして、それを使うための、hardware の道具が、smartphone であり、software の道具が、Kindle reader という application であったわけです。

話が前後しますが、Kindle eBooks が出始めたころは、専用の Kindle Reader という hardware の道具が要りました。今でもありますが、そういうものをわざわざ買わなくても、application で対応できるようになったのです。

カリスマ英語教師として、有名になっている安河内哲也氏が、東洋経済 Online で、斉藤淳氏と、

音のない英語教科書!? CDぐらいつけろ!

と題する対談をしています。その中で、こんなことを言っています。

音のない教科書なんてありえない!
安河内:私は学校の英語教育の現場も視察して回るようになったんですけど、やっぱりいちばんの問題は、斉藤先生もおっしゃるように「音」がないんですよ。最近はオール・イングリッシュで先生がしゃべってる教室も増えてますけども、教科書は紙であって、先生が教科書を教えて、その教科書を目で見て読めるようになったら「はい、OK」って。耳で聞けなくても、目で見て線を引いたりして、それでOKになることも多いのです。

斉藤:いまだにタブレットなんかは、教科書じゃなくてサブの教材扱いになっていて、検定教科書って紙オンリーなんですよね。


安河内:有識者会議でもそれが話題になったんですけど、楽天の三木谷(浩史)さんが「教科書をタブレットにすればいいじゃないか」と投げかけたとき、私も音がついているのなら、それもアリだと思いました。私の場合は、紙でもタブレットでもメディアはなんでもいい。音がついていれば!

教科書の検定は、紙のものだけ見て「はい、OK」って、音がついてなくてもハンコ押すんです。これ、おかしいですよね。だってこんなに安価でインターネットで音がダウンロードできる時代なのに。

斉藤:いまだに教科書付属のCDは別売りで買わなきゃならないんでしょ。

安河内:先生には供給されるけど、生徒には供給されない。今は参考書でもCDをつけないと売れない時代なんだし、CDなんてそんなに高価なものじゃないんだから、教科書にもCDをつけないと検定通さないくらいでいいと思うんですけど。

斉藤:おっしゃるとおり。

https://toyokeizai.net/articles/-/46152

CDなんか付けたって、教科書と照らし合わせて、どこを聞いたらいいかわからないでしょう。

それに今どきの高校生や中学生 CD Player なんか持っていませんよ。音楽は、smartphone で聴く時代ですから。
ある英語教科書出版社では、教科書準拠のCD を2000円くらいで販売しているそうです。そんなもの買う人いるか、と訊いたら、結構いるらしいですね。

そんなものより、SF Modular System の、一連の「教則本」のほうが、はるかに安価で優れていますよ。
後は言うまい。

どういう道具を使っているか、まとめているのでした。

発音練習に際しては
Google 翻訳

を使いました。
その発音チャートを提示するのに、
Google Document
を使いました。
その Google Document を見るのに、Google Document の Web 公開機能を使っています。
その URL を通知することで、学習者は、だれでも、それを開くことができます。

Android 7.0 以降では、画面が2分割できるので、Google 翻訳と Google Document の Pronunciation Chart を上下に開いて、練習することができました。
その発音練習には、Smartphone に備わっている音声入力の機能を使いました。
これ当たり前にしてますが、機種によっては、「設定」から、音声入力を有効にしないと、keyboard に microphone icon が表示されず、音声入力ができません。
そういうことを知らないと、せっかく便利な道具があるのに、使えない、ということになるのです。

そして、Twitter を英語発信の道具として、使いました。
その使い方で、follow している友達の tweet を、その友達の主語にして、"retweet" するのに、
本来の Reweet menu でなく、返信 menu を使って、"retweet" する、という創造的想像力による、使い方をしました。

と、このように、SF Modular System では、本来英語学習の道具でないものを、単に使うだけでなく、本来の使い方とは違う使い方で、使っているのです。

と、まあ、いろいろ説明しても、言ってみれば、これ自体が、Learning by Doingですから、実際にやってみなければわからないでしょう。
と、考えたら、つべこべ書いているのが、馬鹿らしくなったので、これで打ち止めにします。
要は、こんなに多種多様な道具を、創造的想像力による使い方で使っているわけで、
面白いからやってみたい、と思う人が、一人でも大勢出てこないか、と、むなしい期待を持っているわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック