英語話す・書く民間試験導入ーおかしなおかしな話

 大学入試に英語の話す・書くが必要、と言って、民間試験の導入が決まり、野党連合が廃止・延期を求めたり、政治問題化してもめている。
ことの発端は、日本人の英語の話す・書く力が、あまりにも低い。それは、大学入試が読む・聴くしかないからだ。大学入試に話す・書く問題を出せば、高校も受験生も、慌てて話す・書くの勉強をするだろう、という発想。下村前文部科学大臣がそう言っていた。
 本来は、大学入試センターが出題すべきだが、入試センターにそういう能力がない。一方、民間の英語能力検定試験には、話す・書くの問題がある。そうなら民間のテストを採用しよう、ということになったらしい。
 そういうことを決めた文部科学省の、なんとか言う名称の審議会のトップだった、ある有名私大の学長だった人が、民間英語試験業者の役員だとか、元文部科学省次官が、民間試験業者の理事長に天下っているとか、まあ、いろいろおかしな話がある。

 私に言わせれば、もっとおかしい話は、大学英語教育学会とか、外国語メディア学会とか、その他各種各様の英語教育学会があるけど、そのどこからも、この問題に対する発言が聞こえてこない。
 そもそも、大学の英語教育学者が集まっている学会で、なぜ、英語を話す・書くテストが作成できないか、というのが、おかしなおかしな話でないですか。

 そして、極めつけのおなしな話です。
話すテストの長さは、どれくらい、と思いますか。私は正確なデータを持っていないし、調べるのも面倒ですので、憶測でものを言っています。間違っていたら、指摘して訂正してください。
 私の憶測では、3分から5分の長さでしょう。

 書くテストの文字数は、100文字から、せいぜい200文字でしょう。いいですか、100語ではないですよ。100語というのは、単語の数が100ということです。100文字というのは、アルファベット文字100ということです。book と書けばそれで4文字です。
 Twitter の文字制限が、日本語では140文字ですが、英語では、140文字から、240文字に増えました。240文字のなかには、comma, period, space も入ります。
 民間テストの書く問題の 200文字は、多分comma, period, space を除いた数でしょう。

 Twitter の場合は、240文字で足らなければ、新しい box を足して、続きを書くことができます。民間テストや大学入試では、制限文字数を超えたらアウトです。

 で、これを読んで、おかしな話、だと思いませんでしたか。

 日本人の英語を話す・書く力がないから、大学入試で話す・書く問題をだそう、という発想でしたね。

 そのテストが、話すは、5分以内、書くは、200文字以内、だったら、受験生も、指導する高校英語教師も予備校も、その範囲内の話す・書く練習に明け暮れるでしょう。
 そもそも、今回の民間テスト導入で問題になっているおかしな話は、テストを実施する企業団体が、テスト対策問題集を発売する、ということです。
 受験生や高校や予備校は、そういう問題集を買って対策を練るでしょう。
 そして、5分以内の話す、200語以内の書く。それ以上話しても書いても入試の役には立たない。

 そうなると、どうなるか。日本人が英語を話すと、5分以内、書くと200語以内、そういう人が大量に出てきませんか。

 それって、日本人の英語を話す・書く力をたかめるのに、何の役に立ちますか。

 各種英語教育学会の学者たちが、そんなことにも気づかないですか。

 おかしな、おかしな話、だと、私は思っていますがね。

今一つ、おかしな、おかしなことにならねばいいが、と心配していることがあります。
 話す、書くテストを、どういうトピックで話させ、書かせるか、ということです。
 本来、英語で話したり、書いたりする目的は、自分のことについて話したり、書いたりすることです。
 日本語で話したり書いたりしているのは、もっぱら自分のことです。少なくとも私はそうです。
 そりゃ、異常気象について、とか、原子力発電について、というような高尚なトピックについて話したり、書いたりするようになることも大事でしょうが、そんなことまともに?できる高校生が何人いるかです。そういうレベルの高い高校生も確かにいますよ。しかし、普通の高校生は、そんなこと考えたこともないでしょう。
 そんな難しいことでなくても、日頃考えてこともなく、日本語で話したり、書いたりしたこともないことを、英語で、それも5分以内に、200文字以内に書け、というテスト問題がでて、日本中の高校生が、大学に合格するための受験対策勉強で、そんなことに血なまこになったいたら、いつまで立っても、自分のことを英語で話したり、書いたりすることができるようにならないでしょう。
 他国の高校生と話したり、メールのやりとりする際に、自分のことがなんにも言えず、書けないとしたら、お前なんなの?Idiot か?と言われかねないでしょう。
 とまあ、杞憂ならいいですがね。

 今一度、どこかの英語教育学会に復帰して、もうひと暴れしたくなりますが、お呼びもないでしょうから、ブログでうっぷんバラシをするにとどめておきます。
 賛同する人、いますか?

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント