オペラよもやま話 その3  The Tears of a Clown


私は、Soul Music が結構好きです。
Soul Music って、何だ?Wiki があります。その冒頭の定義です。
Soul music (often referred to simply as soul) is a popular music genre that originated in the African American community in the United States in the 1950s and early 1960s.
It combines elements of African-American gospel music, rhythm and blues and jazz.

https://en.wikipedia.org/wiki/Soul_music

有名な soul singer として、すぐ名前が出てくるとすれば、
Ray Charles, Diana Ross, Stevie Wonder, Lionel Richie そして言わずもがな、Michael Jackson。
Soul Music は、知らなくても、1985年に、アフリカ救済のために
U.S.A. For Africa- We Are the World
と題して発売され、世界的大ヒットとなった曲は、知っている人が多いでしょう。
その Official video が YouTube にあります。
https://www.youtube.com/watch?v=9AjkUyX0rVw
It was written by Michael Jackson and Lionel Richie
https://en.wikipedia.org/wiki/We_Are_the_World
これを見ると、soul singers が、いかにアメリカの music scene で活躍しているかが実感できるでしょう。
Soul Music の振興に大いに貢献したのが Motown という Record label ですが、その初期から Motown で活躍した Soul group に Smokey Robinson and the Miracles がいます。
その 1970年の大ヒットに、The Tears of a Clown があります。
Wiki があります。
"The Tears of a Clown" is a song written by Hank Cosby, Smokey Robinson, and Stevie Wonder and originally recorded by Smokey Robinson & the Miracles for the Tamla Records label subsidiary of Motown, first appearing on the 1967 album Make It Happen. It was re-released in the United Kingdom as a single in July 1970, and it became a #1 hit on the UK Singles Chart for the week ending 12 September 1970. Subsequently, Motown released "The Tears of a Clown" as a single in the United States as well, where it quickly became a #1 hit on both the Billboard Hot 100 and R&B Singles charts.
アメリカだけでなく、イギリスでも大ヒットしたのですね。
なぜ、そんなにヒットしたのでしょうか。
とりあえず、歌詞を見てみましょう。ちょっと長いですが、全部紹介します。

Oh yeah, yeah, yeah

Now if there's a smile on my face
It's only there trying to fool the public
But when it comes down to fooling you
Now honey, that's quite a different subject

But don't let my glad expression
Give you the wrong impression
Really, I'm sad
Oh, I'm sadder than sad
You're gone and I'm hurtin' so bad
Like a clown I pretend to be glad

Now there's some sad things known to man
But ain't too much sadder than
The tears of a clown
When there's no one around

Oh yeah, baby

Now if I appear to be carefree
It's only to camouflage my sadness
In order to shield my pride I've tried
To cover this hurt with a show of gladness

But don't let my show convince you
That I've been happy since you
Decided to go
Oh, I need you so
I'm hurt and I want you to know
But for others I put on a show

Oh, there's some sad things known to man
But there ain't too much sadder than
The tears of a clown
When there's no one around, oh yeah

Just like Pagliacci did
I try to keep my sadness hid
Smiling in the public eye
But in my lonely room I cry
The tears of a clown
When there's no one around


Oh yeah, baby

Now if there's a smile on my face
Don't let my glad expression
Give you the wrong impression
Don't let this smile I wear
Make you think that I don't care
Really, I'm sad
Hurtin' so bad


この歌の成立について解説しているサイトが2つあります。
一つは、
“The Tears Of A Clown” — Smokey Robinson and The Miracles
https://bit.ly/36MQckc
もう一つは、似たようなタイトルですが、
The Tears Of A Clown by Smokey Robinson & The Miracles
https://bit.ly/2uIPdn0
これらのサイトの解説によると、この歌は、まずは、Hank Cosby と Stevie Wonder が作曲し、(ついでに付け加えると、Stevie Wonder は、この頃まだ駆け出しでした)これにつける良い歌詞はないかと、当時 Motown の人気歌手だった Smokey Robinson のところに相談しに行った、ということです。

Smokey Robinson は、この楽曲を聴いたときに、若いときに聴いた Pagliacci の
Vesti la giubba を思い出した
のでそうです。
Smokey Robinson は、1940 年の生まれです。この曲の作詞をしたのは、1969年ですから、当時29歳、先の二番目のサイトに、このように、作詞の事情が解説されています。

Smokey Robinson based this song on the Italian opera Pagliacci, which is about a clown who must make the audience laugh while he weeps behind his makeup because his wife betrayed him. In the last verse, Robinson sings: "Just like Pagliacci did, I try to keep my surface hid."

Robinson heard the Pagliacci story when he was young, and always found it intriguing.

https://bit.ly/2RcjkdQ
“heard the story” とありますが、ただ単にオペラの筋を聞いたというのでなく、このアリアが歌われるのをレコードで聴いたのでしょうね。それは、When he was young. というなら、Robinson は、1940年の生まれで、作詞したのは、1969年ですから、当時29歳。若い時というのは、そうなると、10代の後半か、20代の前半、10年くらい前ということになりますか。Intriguing というのは、いつも頭から離れない、という感じです。
となると、Robinson の頭のなかでは、10年近くも、Vesti la giubba のアリアが、頭の中で鳴っていた、ということになります。How do you think?
そして、Robinson は、上の歌詞で赤文字で示したように、
Robinson sings: "Just like Pagliacci did, I try to keep my surface hid."
と、Pagliacci を引き合いに出しているのです。
The Tears of a Clown とは、10年近くも Robinson の頭の中にあった、Pagliacci の tears だった、ということです。
で、この歌の意味するところは、Pagliacci のことでなく、Pagliacci のように、愛する人に裏切られた悲しみを、他人に知られないように、日本語のセリフにもありますね、「顔で笑って、心で泣いている」心境を切々と歌ったものです。
Robinson は、先に作曲されていた曲を聴いた時に、その中に、この悲しみを悟ったということです。
が、実際に聴いてみてください。YouTube にあります。2,121,796 回視聴となっています。
https://bit.ly/380VPv4

実際聴いてみると、歌詞が分からないと、何が悲しいか分かりませんよ。アメリカ人やイギリス人は歌詞が分かるから、ヒットしたんでしょう。これが日本でヒットしたとは聞いてませんね。

『美の壺』という NHK の長寿番組があります。今年で14年目になるそうです。現在は草刈正雄さんが案内役ですが、初代は谷啓さんでした。私は谷啓さんの頃は毎回録画して見てました。「こんなところにも美があった」というセリフで始まっていた、と記憶しています。
https://www4.nhk.or.jp/tsubo/
 今回の「オペラよもやま話」は、言ってみれば、「あれ、こんなところにもオペラがあった」という話です。
 Soul music という、およそオペラとは縁遠いところに、オペラがあったのです。普通のオペラファンがめったに行かないところですが、私は 1960年代から、いつも出入りしていたので、Pagliacci の Vesti la giubba の話をした時に、折りよく見つけたのでした。
 それで、嬉しくなって、「オペラよもやま話」に取り上げたわけです。
 こういう他愛のないことで Happy になるのも、私に言わせれば One of the arts of good life ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント