CD/RD は、Gutenberg の遺物。キンドル本は「見てみなわからんて」

 どうですか。「ちあきなおみの多彩な歌の世界」私の キンドル本 で楽しみましたか?
 近年は、音楽を聴くというとCD が主流でした。映画やコンサート実況などを視聴するには、DVD/BD が主流になっていました。

 私の Vocaburary & Systax Series を CD-ROM 化して、それを頒布するため複数制作する時に、依頼したのは、印刷会社でした。
 CD や DVD の複製は、結局は、Gutenberg の印刷術の延長上の技術だったのです。特に、 disk label の印刷は、印刷技術そのものでした。
 
 私の、音の出る Kindle 本は、CD/DVD という 遺物へおさらばするものだったのです。そんなこと気がつく人はいませんね。
 
 10月21日の日経にこんな全面記事がありました。
Screenshot 2020-10-21 at 8.05.27 AM.png

 Gutenberg のおかげで稼ぎまくっていた日本最大の印刷会社が、Gutenberg のおさらばしようとしているのです。

 私にすれば、なにをいまさらです。
 私がこのブログで、
 グーテンベルグは、括弧の中 で、Gutenberg にさようならしたのは、
2011年6月です。今から10年近く前です。
https://76871734.at.webry.info/201106/article_22.html
 Kindle Reader が、日本から買えるようになり、アメリカで出版された Kindle 本が日本で買えるようになった時に、私が真っ先に買ったのは、それまで紙の本で愛読していた Debbie Macomber の Cedar Cove Series の 最新刊Yakima Streetでした。2011年10月11日のことでした。
 そして、2011年10月23日には、日米同時発売だった Steve Jobs の伝記を、出版前に予約していた Kindle 版を、多分日本で一番早く手に入れ読み始めています。日本語訳の紙の本は、上下に分かれていて、同時発売になったのは、上巻だけだったはずです。
 Amazon.com の Your Contents & Devices のサイトで調べてみたら、2011年10月11日に最初の Kindle版を買ったばかりなのに、年末までに、この本を含めて 15冊も Kindle本を買っています。買いまくったという感じです。
 それまでは、Amazon.com で紙の本を買うと、届くのに、何日もか掛かっていたのが、キンドル本は注文すると、すぐ瞬時に届くのですから、つい click、click と買いすぎてしまったのです。
 Gutenberg は、括弧の中になってしまったのです。

 そういう私が、 最初は Textbook creator、後に Kindle Create で、音の出る、動画も見れる Kindle 本が作れると知った時に、Gutenberg の遺産である CD/DVD を捨てて、オペラを視聴出来る Kindle 本を出版したのは、別に深く考えたわけでもなく、自然の成り行きでした。
 そして、オペラでは、関心を持つ人が少ないと悟ったときに、ちあきなおみを思いついたわけです。

 こういうことを言うと、音楽や動画だったら、何もわざわざ Kindle 本など作らなくても、こういうものがあるではないか、という人がいるでしょう。
Screenshot 2020-10-21 at 8.15.51 AM.png

https://my-best.com/1495
Screenshot 2020-10-21 at 8.19.45 AM.png
https://bit.ly/2IKiRix

 私としては、こんなこと百も承知で、Kindle 本の方が好きなのです。
 気がついていませんでしたか。オペラシリーズもちあきなおみも、読むところは、ほとんどないです。普通に考える本ではないですね。
 それなのに、「キンドル」と、「本」をつけたままです。

 それを分かってもらうには、実際に手にとって見てもらわなければ分からないのです。
 昔高見山のフランスベッドの CM に、「寝てみなわからんて」というセリフがありました。この「音の出るキンドル本も、更には、先の美術展キンドル本も、「見てみなわからんて」なのです。
 見てみれば、Wikipedia のサイトがいっぱい貼り付けてあって、そこへいけば、読み物満載です。結局「本」と同じ感じです。

 音楽配信、動画配信では、読み物はありません。
 「キンドル本」だから、音や画像や動画だけでなく、サイトに link を貼ることで文字情報も豊富に伝えられるのです。自分でわざわざ書き加えなくても、です。
 
 しかも、そういう キンドル本、出版したければ「さるでもできる」のです。
 
 という、今日のお話でした。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント