テーマ:action

グローバル・パーソン。あるイメージ。

 いきなりです。  宮沢賢治の次の詩は、知っている人が多いでしょう。  この詩のなかの、東西南北は、宮沢賢治にとっては、当時は日本国内のことだったでしょうが、彼が現代に生きていて、この詩を書いたら、彼の意識する東西南北は、アフリカや、アジア諸国や、中南米などなど、地球上のすべての場所だったのではないか、と、しきりに思うのです。皆さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more