テーマ:ありのまま

「絵描き」は、「ありのまま」が好き。

  「ありのまま」を「ありのままに」描くのは、Millet (その他のバルビゾン派の画家)によって始まった、と、昨日書きました。   http://en.wikipedia.org/wiki/Barbizon_school   これは、私の私見でなく、美術史の定説と言ってもいいでしょう。   そうれはそうですが、これからが、私の独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ありのままを」「ありのままに」描く時代が始まった。

昨日、絵の描き方について、4つの場合がある、と、まあ、とんでもないこと、という人もいるでしょうが、とにかく、私の考えを紹介しました。 実は、その4つ以外にも、まだあるのですが、それは、後ほど。  その4つとは、つぎのようでした。  (1)「あるがまま」を 「あるがままに」描く。  (2)「あるがまま」を 「ありのままに」描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あるがまま」と「ありのまま」、描き方の違い。

皆さんは、「あるがまま」という言い方と「ありのまま」という言い方を、どちらも知っているでしょう。  どのように使い分けていますか。この両者には、どのような違いがあると、考えていますか。  実際に使われている例を、少し見てみましょう。  「物事はあるがままに見よ。」216 といいます。「物事をありのままに見よ。」325 とも言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more